search
とじる
トップ > 社会 > 怖ッ! 三重県警の巡査部長がコンビニのトイレに実弾入りの拳銃を置き忘れ

怖ッ! 三重県警の巡査部長がコンビニのトイレに実弾入りの拳銃を置き忘れ

 三重県警の警察官が、あってはならないミスをやらかしてしまった。

 県警機動捜査隊所属の男性巡査部長(30)が立ち寄ったコンビニエンスストアのトイレに、よりによって拳銃を置き忘れたのだ。

 同隊によると、巡査部長は9月18日午前1時半頃、同県津市芸濃町椋本のコンビニでトイレを借りた際、用を足すため拳銃を入れたウエストポーチを外し、そのままトイレの個室内に置き忘れた。拳銃には実弾が入っていた。

 トイレに入った他の客がポーチの忘れ物を発見し、店員に届け出た。ポーチの中を確認すると、入っていたのはなんと拳銃。店員は慌てて警察に通報した。

 巡査部長は私服姿で、近くを捜査中だったが、“大”をもよおしてしまい、コンビニのトイレに駆け込んだ。その際、ポーチを外したが、用を足してスッキリしたところで、拳銃を忘れてしまった。約10分後、ポーチを忘れたことに気付いて、コンビニに戻ったが、店員が預かっていたため、ことなきを得た。

 通常、捜査時はポーチをひもでズボンのベルト通しにくくるなどして、拳銃は常に身に着けるようにしているという。ポーチは県警の支給品だった。

 同隊の鈴木孝広副隊長は「拳銃の取り扱いは重大であり、あってはならないこと。再発防止のため、取り扱いの周知を徹底したい」とコメントした。

 幸い、ポーチを見つけたのが良識のある人だったから良かったものの、見つけた人が持ち去っていたら、犯罪に使われたかもしれない。そう考えると、ゾッとする話だ。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ