search
とじる
トップ > トレンド > アメリカではお馴染みの、本物の「バーレスク」が日本上陸!

アメリカではお馴染みの、本物の「バーレスク」が日本上陸!

 バーレスク世界大会で優勝! 「ミスエキゾチックワールドチャンピオン」に輝く、エロチカ・バンブー嬢が、ジャパニーズバーレスク「東京ティーズ」をプロデュース公演!

 エロチカ・バンブーさんは、世界的に有名なバーレスクダンサーだ。
 バーレスクは、日本人には馴染みのない言葉なので〜わかりにくいと思うが、かつての日劇やキャバレーで行われていたフロアーショーをより華やかにしたものをイメージするとわかりやすいだろう。

 いまから20年ほど前、女子大生になったばかりのエロチカさんは、だまされて(?)大分市内のキャバレーでフロアーショーのダンサーとしてデビュー。以来、紆余曲折はあったもののさまざまなステージで踊り続けている。2003年には、アメリカの「エキゾチック バーレスク ミュージアム」で開催された「バーレスク世界大会」に飛び入り参加。なんと「ミスエキゾチックワールドチャンピオン」(世界1のバーレスクダンサーに与えられる称号)に選ばれた。ちなみにアメリカ人以外が優勝したのはエロチカさんが始めてという快挙だった。
 バーレスクがカルチャーとして定着したアメリカでは、ほぼ毎晩のようにイベントが開催されている。エロチカさんのもとにも全米から「仕事のオファー」が舞い込むようになった。しかし 一昨年5月、久しぶりに帰国したエロチカさんを待ち受けていたのは、日本のバーレスクの厳しい現実だった。「主なキャバレーはなくなり、ダンサーもちりぢりになってしまった。ほとんど壊滅状態に近かった」
 ここで一念発起し、日本のショービジネスにバーレスクを根づかせようと立ち上がった。日本にバーレスクを広めるため、「東京ティーズ」「横浜ティーズ」というイベントを始めている。
 アメリカのバーレスクのダンサーは70歳80歳になっても元気に踊っているという。そしてレジェンドと呼ばれ尊敬される。
 エロチカさんも、いくつになっても踊っていたいという。

 きたる4月30日金曜日、「TOKYO TEASE! バーレスクナイト〜あなただけ今晩は!〜ノンストップ ストリップティーズ レビュ〜!」を企画している。

 場所は「アマランスラウンジ」http://www.monstera.jp/amaranth/(渋谷区猿楽町2-5 佐藤エステートビル3号館 5F)。ショーチャージ 2000円/1ドリンク 。

<ショータイム>
1回目 10時30分 これで終電も間に合うわ!
2回目 1時30分 朝まであなたを帰さないわ!

<出演>
アマランス・フォーリーズ
エロチカ・バンブー嬢
キャバレッタ嬢    
サファイア嬢    
絹靴下のピッピ嬢
 「 小さな箱ですが、新しく加わったバーレスクダンサーを含め4人のパッケージショーです。今回は企画だけでなく踊り子さんすべての曲の選曲から衣装のデザイン案まで私の演出で行うこととなりました」(エロチカ・バンブー)

DJ バンビ&ミスター・デス
VJ ゾエ アマランス映像部
※チケット予約制ではありません。直接会場へお越し下さいませ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ