search
とじる
トップ > トレンド > 武将ゆるキャラ集合! ひこね街の駅「戦國丸」

武将ゆるキャラ集合! ひこね街の駅「戦國丸」

 「ひこにゃん」が大人気の滋賀県彦根市。彦根の場所は知らなくても、ひこにゃんは知っているという方も多いのでは!? そんな高い認知度を誇るひこにゃんによる経済効果は、10億円ともいわれております…! 経済効果はこれっぽっちも「ゆるくない」ゆるキャラ・ひこにゃん、侮れないです!
 さて、そんな彦根市にはひこにゃんだけでなく、今はやりの戦国武将をモチーフにしたゆるキャラが存在していることをご存じでしょうか?

 有限責任事業組合(LLP)ひこね街の駅がデザインした「いしだみつにゃん・しまさこにゃん・おおたににゃんぶ」が若い女性の歴史ファン、いわゆる歴女(レキジョ)の間で人気なのでございます!
 いしだみつにゃんは戦国武将・石田三成をモチーフにしており、彦根市にある佐和山城を居城としていたことでも知られています。
 しまさこにゃんは石田三成の家臣として「三成に過ぎたるもの」と謳われるほどの人物・島左近をモチーフにしております。
 そしておおたににゃんぶは戦国武将・大谷吉継をモチーフにしており、大谷吉継と石田三成は固い友情で結ばれておりました。

 そんなわけで、今注目のいしだみにゃん・しまさこにゃん・おおたににゃんぶのオリジナルグッズを販売する「戦國丸」に行ってきました。
 店舗は彦根城の西、「花しょうぶ通り商店街」にございます。
 この商店街、お城側から入りますと、向かって右側に関ヶ原合戦の西軍の旗が、左側に東軍の旗が掲げられ、商店街全体が戦国モードになっております。

 戦國丸の店舗に到着し、まず目についたのは外装の「馬防柵」(騎馬武者の侵入を防いだ柵)です! なかなかマニアックな外装です。そして店内は戦国武将関連グッズが所狭しと並べられております。「需要あるのか!?」とついついツッコみたくなる武将のグッズもあって、マイナー武将ファンにも優しい仕様です。戦国時代ファンの筆者は、あちこち目移りしてしまいました。
 いしだみにゃんたちのグッズはもちろんのこと、家紋や旗印の入ったグッズも充実しております。

 さて、このお店の内装、よく見ると浴槽のタイルが見られます。そう、戦國丸は数年前まで営業していたお風呂屋さんをリフォームしているのです。店舗手前が脱衣所をリフォームしたグッズ売り場。ところどころその名残があり、ノスタルジックな気分になります。
 そして店舗奥は浴室をリフォームしてあります。こちらでは、紙の甲冑制作講座を開いたり、ミニライブを行ったり、講演会を行ったりと、色々な催し物が行われるスペースとなっております。

 また、それぞれのキャラに家臣として登録をし、ポイントをためる「義の家臣団」制度があり、家臣団が作成したいしだみつにゃんたちのイラストや、ジオラマを飾るスペースが設けられております。「戦國丸」は、ひこね街の駅とファンが一体となって作り上げているお店なのです!
 参加したいという戦国ファン、ゆるキャラファンは一度は訪れてみたいスポットです。
 また、いしだみつにゃんらはあちこちのイベントに出陣しているとのことです。
 戦國丸への出陣はもちろん、近江鉄道の一日車掌をしたり、各地のゆるキャラ祭りや戦国祭りに参加しております。
 アナタの街でも会えるかも!? ゆるキャラたちの動向にも目が離せません!

ひこね街の駅「戦國丸」
http://machinoeki.info/

(みかめゆきよみ 山口敏太郎事務所)

参照 山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ