search
とじる
トップ > 芸能ニュース > オールスター感謝祭に人気声優が出演 今、バラエティでも声優が活躍しているワケ

オールスター感謝祭に人気声優が出演 今、バラエティでも声優が活躍しているワケ

pic pic

宮野真守

 9月28日に放送されるTBS系の特別番組「オールスター感謝祭2019」に人気声優の宮野真守と蒼井翔太が出演することが発表された。

 2人はアニメ番組ではなく、TBSテレビが主催するミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリーSeason1』チームとして出演。彼らにとってオールスター感謝祭への参加は初めてで、Twitterでは「オールスター感謝祭」「宮野真守」「蒼井翔太」といったキーワードがトレンド入りした。

 一応、TBSが関わっているミュージカルであるものの、顔出しでテレビへ出演することが少ない男性声優が、オールスター感謝祭に出演することは珍しく、注目されている。

 実は2019年のテレビ界は空前絶後の声優ブームとされている。今回のオールスター感謝祭のほか、9月26日に放送予定のフジテレビ系『VS嵐』では麒麟・川島明、キャイ〜ン・天野ひろゆきといったテレビでおなじみのメンツに交じり、人気声優である神谷浩史、藤井ゆきよがチームの一員として出演するなど、今や声優は女性アイドルやお笑い芸人と同じポジションに入っているようだ。

 「今の人気声優のテレビ需要は確かに一時的なブームかもしれませんが、テレビを観なくなった若者や、ネット動画しか観ない層を取り込む策として人気声優は効果があります。SNSで番組名がトレンド入りすればお金をかけずに宣伝もできますからね」(某週刊誌記者)

 今の声優ブームのきっかけは今年5月『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した宮野のゲスト回とされている。

 この日の『しゃべくり』では宮野を「声優界のプリンス」「声優界のエース」と呼び、子役時代から声優となった現在までの経緯や人となりを紹介。平均視聴率は11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と通常放送と大きな差はなかったものの、普段番組を観ない視聴者を多く取り込むことに成功したことから、テレビ業界が「声優人気」に目をつけ、バラエティ番組進出に拍車がかかったという。

 「これまで声優のタレント化という意味では、平野綾さん、三ツ矢雄二さん、金田朋子さんらがいましたが、今はほぼ本業の声優業に戻っています。テレビで売れすぎてしまうと声優業ができなくなったり、キャラがパターン化されることがあるので、バラエティ慣れしていない声優さんは辛くなってしまうことも多いようですね。あくまで副業としてならタレント化していく声優は今後も増えていくのではないでしょうか」(某週刊誌記者)

 モデル、Youtuberの次にテレビ界を変えていくのは「声優」かもしれない……?

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ