search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ダウンタウン浜田にミキの母親が苦言「キツすぎる」 実はテクニックがすごいツッコミ

ダウンタウン浜田にミキの母親が苦言「キツすぎる」 実はテクニックがすごいツッコミ

pic pic

ミキ・亜生、昴生

 ミキ(昴生、亜生)がパーソナリティーを務める『ミキの兄弟でんぱ!』(KBS京都)が13日に放送。ダウンタウン・浜田雅功と共演した際のやりとりで母親から注意を受けたエピソードを話した。

 先日、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演したミキ。出演者が紹介した納豆チーズパンの写真を見て、松本人志がそれまであったやりとりを踏襲し、「浜田の顔を描いてくれている。楽屋挨拶行った時あんな感じ」とボケて、スタジオを笑わせた。昴生が「確かに!」とガヤを飛ばしたのだが、そこで浜田が反応。昴生のメガネが飛ぶほど強烈なビンタを喰らわせた。

 「全然痛くないし、ちょっと嬉しい」と思っていたという昴生は、この流れを観たという母親から、「あなたが殴られた。お茶の間にはキツすぎる」とメールがあったと回顧。昴生はそれよりも、母親に頼んでわざわざ作ってもらった料理がオールカットされたことに違和感を持ってほしい……と笑い話としてまとめた。

 「浜田は暴力的なイメージがあり、ツッコミも激しい。松本のみならず、いまだにボケた出演者に頭をはたく節があります。しかし、昨今のコンプライアンスを加味してか、昴生をビンタしたような激しいものは鳴りを潜めていますね」(芸能ライター)

 16日に放送された『リンカーン芸人大運動会2019』(TBS系)では、浜田が出演者にビンタや首絞めなどやりたい放題。大爆笑を生んだ。

 「最近では、ここぞという時にしか激しいツッコミをしないようですね。視聴者は『痛そう!』『かわいそうだ』と思うかもしれませんが、浜田は痛みを感じさせず、かつ派手に見えるテクニックを使っています。確かに、90年代は生音が聞こえるほどの激しいツッコミをする時がありましたが、最近では年齢もあってか抑えています。番組側で『バシッ』と効果音をつけるため、余計に暴力が際立つんでしょうね」(同上)

 関西に住み、90年代のバラエティーを観てきた昴生の母親は、浜田の粗暴なキャラクターも理解しているはず。それでも自分の子どもとはいえ、浜田のツッコミが「キツイ」と感じたのは時代の流れと言えるのかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ