search
とじる
トップ > トレンド > 新しい喫煙スタイル“ベイパー”って何?

新しい喫煙スタイル“ベイパー”って何?

 昨今、愛煙家を取り巻く環境は非常に厳しくなっている。喫煙できるスペースは非常に限られ、肩身の狭い思いをしている方も少なくないだろう。そんな現状に新しい風を吹かせることができるのではと注目を集めているのが、“スモーク”ではなく“ベイパー”だ。

 “ベイパー”とは、火をつけて燃やす煙ではなく、蒸気のような霧状のもの。わかりやすく言えば、電子タバコでのスタイルである。このスタイルであれば、そもそも副流煙がでない。嫌われる煙の臭いがでない。さらに灰がでないので、机の上が汚れたりすることもない。

 日本ではJTが電子タバコ「Ploom」を昨年の12月から発売。まだ、一般的なタバコ店では扱いがなく、流通が限定されているのが現状だが、早くもガジェットに敏感な層から注目を集めている。

 また、TOKYO DESIGNERS WEEKでは面白法人カヤックとコラボ。“ベイパー”に着目したカヤックは“ベイパー”の世界観を表現したベイパーマシーンを開発。これは、コンテナ内で息を吹きかけると、色となって“ベイパー”が表現され、最後には外にある煙突から蒸気が飛び出すというもの。面白法人カヤックらしいユニークな表現で“ベイパー”を演出している。

 製作した担当者は「本来、電子タバコにはない音や視覚を、現実拡張として表現しました」と語る。企画から1か月程度で完成まで至り、「とりあえず、作っていく中でアイデアを広げました」とのこと。

 喫煙する人もしない人も、これからの新しいトレンドとして、“ベイパー”は注目だ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ