search
とじる
トップ > トレンド > ヒーロー達の今〜阪本良介から坂元亮介へ〜その2

ヒーロー達の今〜阪本良介から坂元亮介へ〜その2

 今年放送開始35周年を迎える、スーパー戦隊シリーズ第8作『超電子バイオマン』において、主演のレッドワン=郷史郎役を熱演した坂元亮介さんへの独占インタビュー後篇をお届けいたします。

 −−阪本良介から坂元亮介へ
 フランスのイベントをきっかけに、芸能界に復帰すると「良介! 今までお前どうしていたんだ?」って、人の輪が急速に広がって…懐かしい人との再会から、新しい出会いまで沢山ありました。そんな中、出会ったのが今の事務所のマネージャーである小森さんです。小森さんは僕が円でレッスンを受けていた頃にマネージャーをして下さった方なんですよ。
 そして僕は50歳になったのを切っ掛けに、僕が20代の頃から舞台を通じて付き合いのある脇太平さんの勧めで今年から芸名を改めまして、心機一転、読みは同じでも新しい「坂元亮介」として頑張ろうと…!
 脇さんによれば字画数が良いらしいんです。今までの芸名は本名でもあるんですが、姓名判断すると運気の浮き沈みが激しいらしく、改名を勧めて下さったんです。まだまだ浸透してなくて方々でよく字を間違えられるんですが(苦笑)。

 −−これからの坂元亮介
 うちの事務所は元々、老舗のモデル事務所なんです。小森さんを中心に芸能部を立ち上げまして、若い仲間と共に今年は事務所のプロデュース公演をする運びとなりました。僕にとっても新しい経験ばかりで、戸惑うことばっかりです。今までで一番プレッシャーを感じていますよ!
 でも若い子に負けないくらいに汗をかいて、全力でぶつかっていきたいと思います。熱さ=情熱だけは、どんな新人にも負けていないつもりですよ!(微笑)。
 この公演を通して、僕が芸能界で初めて携わった小森さんの想いに対して、初めて舞台の演出を手掛ける加門さんの想い、そしてこれまで『バイオマン』と役者=阪本良介を応援してくれたファンのみなさんの想いに応えていきたいと思うんです。
 役者って一人では何も出来ないんですよ。素敵な共演者と、支えてくれるスタッフの皆さんがいて、応援してくれるファン・お客さんがいてくれるから頑張れる。
 そうしたものに対しての恩返しを含めて、これからも全力で走っていきたいと思います…!

 第一回プレステージ・プロデュース公演「夢をつかむSHOW! #1スイート・ホームズ探偵」は6/30〜7/4 劇場・シアター風姿花伝にて上演。

6月吉日 新宿「家庭料理の店きいろいはな」にて 
協力(株)プレステージ、家庭料理の店きいろいはな、石山雄大、加門幾生 (敬称略・順不同)

●坂元亮介公式サイト
http://www4.ocn.ne.jp/~rsoldier/index.html

●(株)プレステージ
http://pre21.jp/

●加門幾生公式サイト
http://www.goodpopjapan.com/kamop/

(小野寺浩 山口敏太郎事務所)

【参照】山口敏太郎公式ブログ「妖怪王」
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ