search
とじる
トップ > トレンド > 「一緒に少子化対策しない?」格好いいプロポーズを考える

「一緒に少子化対策しない?」格好いいプロポーズを考える

 結婚に憧れている非モテにとって、結婚を申し込むプロポーズは、甘く素敵な儀式のように思えるかもしれません。

 しかし既婚者の体験談を聞くと、甘くときめくようなプロポーズをされた人というのはそこまで多くなく、中にはプロポーズ自体をされなかった女性も少なく無いとか。

 確かに甘い言葉というのは心を許した相手でも(相手だからこそ?)ちょっぴり恥ずかしいものがあります。

 ならば、ちょっとした変化球でプロポーズしてみるのはどうでしょうか。

 「『毎朝味噌汁を作ってくれませんか?』みたいなの頼む(BIPブログ)」(http://bipblog.com/archives/1110238.html)には、そんなちょっと変化球気味だけどドキッとするプロポーズの数々が並んでいます。いい感じのものをカテゴリごとに分けて見ました。

■一緒に生活したい気持を悟らせる

 一緒に生活したいなっていう気持を変化球で。

 これは結構可愛い感じなので印象がいいかもしれませんね。

 「毎朝7時に起こしてくれませんか?」
 「毎朝、俺のネクタイ締めてくれよ」

 僕がするとしたら、

 「ごめんねー僕の下着臭いんだけど手洗いしてほしいんだーごめんねー」
 って感じでしょうか。

■子作りを予感させる

 子供をほしがっている女性にとって、「俺の子供を産んでくれ」的なプロポーズはかなり来るのではないでしょうか。

 「もうコンドームはいらない」
 「一緒に少子化対策しませんか?」

 僕がするとしたら、

 「そろそろ子供の名前決めておこうか…」か「次の排卵日いつだっけ?じゃ、そのときだな…」という感じですかね。

■ちょっとずうずうしい感じで…

 やっぱり男はちょっと強引な感じがいいのではないでしょうか。
 結婚? もうすることに決まってるんだけど? という感じで攻めると、女性はちょっとしびれちゃうかもしれません。

 女『ずっと一緒にいてくれる?』
 男『何言ってんだ?お前はもう俺のものだろ?(指輪渡す)おまえんちの猫可愛いな お前ごともらっていい?』

 これでもちょっと甘いですね。

 僕がするとしたら「あ、そういえばこの間役所に婚姻届届けてきたから。うん、君の印鑑も押しておいたよ」という感じですかね。

 プロポーズかと思ったらすでに入籍済み!? という感じでサプライズ効果もばっちり。
個人的にはこれを一押ししてみたいと思います。(peropero)

【参照】非モテタイムズ
http://himo2.jp/

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ