search
とじる
トップ > 芸能ニュース > プライベートの“福山雅治化”が心配される向井理

プライベートの“福山雅治化”が心配される向井理

 発売中の「女性セブン」(小学館)で神奈川・湘南や都内の鉄板焼き屋でデートをしていることが報じられた俳優の向井理と女優の国仲涼子だが、過剰な“変装”で余計にバレバレだったという。

 同誌によると、10月中旬に湘南のレストランでランチした際にはふたりともマスクにめがねをかけ、しゃべったり食べるときだけマスクをしていたというから余計に目立ってしまったというのだが、それだけ過剰にガードしていたようだ。

 「特に向井がスキャンダルが出ないように神経質になっているようで、国仲にも自分と同じ“変装”をさせたのではと言われている」(テレビ関係者)というが、向井といえば、これまでドラマで共演した南明奈、綾瀬はるか、母校・明治大学の後輩である女優の原田夏希らとのデートが報じられているが、いずれも長続きしなかった。

 「デートが大々的に報じられてしまうと、いずれも向井から別れを告げてしまったようだ。今や事務所の稼ぎ頭となっている向井だけに、頭の中は完全に『恋より仕事』のモード。周囲へかかる迷惑を考えてあっさり別れてしまうようだ」(同)

 そんな向井に周囲が心配しているのが“福山雅治化”だというのだ。

 「福山といえば、プライベートで出かける時、近所に行くのでもわざわざ車に乗って、乗り降りの際には写真誌のカメラマンがいないかなど周辺をしっかり確認。女性関係に関しても、白石美帆や吹石一恵の時がそうだったが、交際を報じられるとすぐに別れるのみならず、引っ越してしまうというほど徹底的にプライベートをみせないようにしている」(週刊誌記者)

 イケメンの人気者はなにかと苦労が多いようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ