search
とじる
トップ > スポーツ > ロッテ・井口監督、退場直後“中華料理”に「いいね!」? まさかの行動に「やることないの?」の声

ロッテ・井口監督、退場直後“中華料理”に「いいね!」? まさかの行動に「やることないの?」の声

pic pic

井口資仁監督

 9日に行われたロッテ対ソフトバンク(ヤフオクドーム)の一戦。この試合中に退場処分を受けたロッテ・井口資仁監督が、その後にとった行動がファンの間で注目を集めている。

 今回の一件のきっかけとなったのは、ロッテ5点リードで迎えた4回裏一死一塁の場面。井口監督は打者・グラシアルへの判定を巡り審判へ抗議に向かうも、この行為が野球規則に記載の「打球がフェアかファウルか、投球がストライクかボールか、あるいはランナーがアウトかセーフかという裁定に限らず、審判員の判断に基づく裁定は最終のものであるから、プレーヤー、監督、コーチまたは控えのプレーヤーが、その裁定に対して、異議を唱えることは許されない」という一文に抵触。この結果、井口監督は現役時代を含めて初の退場処分を受けてしまった。

 「なんで退場と思ったけどそういうルールがあったのか」、「十数秒のやりとりで退場宣告はちょっと早すぎない?」、「もう少し納得のいくアナウンスをしてほしかった」と、ネット上のファンからさまざまな反応が寄せられたこの退場劇。

 一方、その直後に「退場後の井口監督がインスタグラムをやっている」と一部で話題になっていた。

 ファンの1人が、「井口監督退場になってから速攻でインスタしてる」という旨の文章と共に、井口監督がインスタグラムで「いいね!」をしたと思われるキャプチャ画像をSNSに投稿した。午後8時20分ごろ、井口監督の公式アカウント「iguchi.tadahito6」が、フォロー中と思しきアカウントがアップした男性4人の集合写真投稿に、「いいね!」を押していることが確認できる。また、午後9時30分ごろに別のファンが投稿した画像では、この他にもそれぞれ中華料理らしき料理の画像、車の画像が添付された投稿に対し「いいね!」を押していることが確認できた。

 各メディアの報道、及びにNPB公式サイトによると、井口監督が退場したのは午後7時25分ごろのことで、その後試合が終了したのは午後9時47分。野球規則では、退場者が球場内に残る場合、ベンチを離れクラブハウスにとどまっていなければならないと定められている。

 そのため、発見された井口監督による3つの「いいね!」はいずれも、退場後も続いた試合の最中にクラブハウス内で押されたものということになる。なお、セ・パ両リーグには「ベンチ内やその付近に情報機器を持ち込んではならない」という申し合わせが存在するが、禁止されているのはあくまで当該試合に関わる情報伝達行為であり、インスタグラムをはじめとしたSNSの使用は想定されていない。

 これらの「いいね!」が本人によるものなのか、それとも関係者など別の人物によるものなのかは不明。ただ、これを受けたファンからは「退場後にインスタ鑑賞は面白すぎ」、「クラブハウスってそんなにやることないの?」、「退場の怒りをインスタで発散してて笑った」、「裏で一人いいね押す井口監督かわいすぎる」といったコメントが寄せられている。

 「11−6」の勝利で終わった試合の終了後、井口監督は選手をねぎらうため即座にグラウンドへ出てきている。もしかすると、退場後の待ち時間は想像以上に暇だったのかもしれない。

文 / 柴田雅人

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ