search
とじる
トップ > 芸能ニュース > マタニティマークで“嫌な思いをする”? 妊娠中のはあちゅう、友人の経験談を明かすも「自己中」と批判も

マタニティマークで“嫌な思いをする”? 妊娠中のはあちゅう、友人の経験談を明かすも「自己中」と批判も

pic pic

はあちゅうの公式ブログより https://ameblo.jp/mofu-everyday/

 ブロガーで作家のはあちゅうが3日、自身のブログを更新し、マタニティマークをつけた友人の経験談を紹介し、物議を醸している。

 先月、第1子妊娠を発表したはあちゅうだが、この日は役所へ行き、「母子手帳とかいろんな書類ももらえた」と報告。そしてその際、マタニティマークももらうことができたのだが、「そもそもつけていいことあるんだろうか…」と心の内を明かしていた。

 そう思った理由について、はあちゅうは、「というのも、友達が妊娠中、このマークをつけて電車に乗っていたら『妊婦だからって席ゆずってもらえると思ってんじゃねーよ!』って知らない男につきとばされたんだって」と友人の経験談とともに告白。ネットでさまざまな情報を調べるもマイナスな意見が多く、現在はマタニティマークを「公共の場所では隠す」対応をしていると明かしていた。

 これを受け、ネット上では妊婦と思われる人から「区役所でも身に付けるか付けないかはまかせると言われました。なんでも、最近は付けてることで嫌な思いをされる方もいるからと」「私も満員電車ではカバンの内側に入れて隠していました。電車でアピールしたくなかったので…」といった意見が寄せられ、はあちゅうの気持ちを理解している人もいた。

 しかし一方で、「私自身は妊娠中はずいぶん人に親切にしてもらったし、不愉快な思いをした記憶はない」「マタニティマークをつけていたときは席を譲られまくりました。困っている人がいたら助けたいという意思は多くの人が持っている」など、自身の経験を踏まえ、はあちゅうの意見に疑問を持つ人も多く見受けられた。さらに、妊婦でない人からも「わたしはマタニティマークに気づいたら席を譲りたいので、見えるようにつけておいてほしいです」「電車で席を譲る側からしたらつけてくれていた方がありがたい!妊婦さん?お腹ぽっこりさん?と迷う時があるから」という意見も多くあり、むしろマタニティマークを受け入れている人も多そうだ。

 こういった理解者が多いこともあってか、はあちゅうに対し、「どうせ書くならマタニティマークが世の中にきちんと認知されるようなことを書いた方がいいと思う。つくづく自己中で頭の悪い人」「マークがあってひどい目にあった情報が独り歩きすることで、せっかくのマタニティマークが広まらないことにもなるし、マークをつけている人に悪い気持ちを持つ人も増えていく」という批判も挙がることになった。

 最近は妊娠中の出来事について、ブログで詳細に明かしているはあちゅうだが、今後も議論を呼ぶことは多そうだ。

記事内の引用について
はあちゅうの公式ブログよりhttps://ameblo.jp/mofu-everyday/

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ