ピエール瀧被告に猶予付き懲役1年6か月 同様の刑期だった芸能人2人との共通点は? 最長はあのイケメン俳優

芸能ニュース 2019年06月18日 15時15分

ピエール瀧被告に猶予付き懲役1年6か月 同様の刑期だった芸能人2人との共通点は? 最長はあのイケメン俳優ピエール瀧被告

 18日、コカインを使っていたとして麻薬取締法違反に問われたピエール瀧被告に対し、東京地裁は懲役1年6か月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6か月)の判決を言い渡した。そもそもこの刑期は長いのか、短いのか。薬物服用で逮捕された芸能人の懲役期間と比較してみる。

・井上陽水 懲役8か月 執行猶予2年
 歌手の井上陽水は1977年、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕。『自分は酒が飲めないので、くつろぐためにマリファナを吸った」と自供。懲役8か月、執行猶予2年の判決が下っている。ちなみに「探しものは何ですか」という歌詞で知られる名曲「夢の中へ」はガサ入れの捜査官を皮肉った歌という、まことしやかな噂がネット上に流れているが、これはガセである。

・ピエール瀧、酒井法子、いしだ壱成 懲役1年6か月 執行猶予3年
 今回のピエール瀧被告と同じ刑期なのが、歌手の酒井法子と、俳優のいしだ壱成だ。2009年、酒井は覚せい剤を所持・使用。警察署から任意同行を求められたが拒否し、逃亡を企てた。元夫(当時)とともに有罪判決を受けたが、懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

 いしだも2001年、大麻・LSD所持などで逮捕され、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決が下っている。

・小向美奈子 懲役1年6か月 執行猶予なし
 同じ懲役期間でも、再犯だと執行猶予がいきなりつかなくなる。それが元タレントの小向美奈子だ。2009年に一度、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けたが、6年後の2015年に再びクスリの魔の手にかかる。弁護側は執行猶予付きを求めていたが、東京地裁の判決は、懲役1年6月、執行猶予なしの実刑で、栃木刑務所に入れられている。

・清原和博 懲役2年6か月 執行猶予4年
 プロ野球界の花形スターでもあった清原。引退後の不安を薬物で紛らわせていたという。そんな彼には2016年、懲役2年6か月、執行猶予4年が言い渡された。

・ASKA 懲役3年 執行猶予4年
 覚せい剤と合成麻薬MDMAを使用していたASKAには2014年、懲役3年執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡された。

・押尾学 懲役3年6か月 執行猶予なし
 酒井法子と同時期にヤラかしてしまったのが押尾学である。矢田亜希子の元旦那として知られているが、合成麻薬MDMAを使用。さらに、一緒に使っていたホステスの女性も死亡。MDMAを服用した罪と、MDMAを服用して意識不明となったホステスに対して適切な処置をしなかったことで保護責任者遺棄致死罪にも問われ、刑期が長引き、収監された。やはり、薬物使用だけではなく、人の生死に関わると一気に量刑が重くなる。

 この後は田口淳之介・小嶺麗奈被告の裁判が始まる。2人はどうなるのだろうか。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る