search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 吉本芸人養成所NSC、「死亡免責」以外にもコンビニ利用・恋愛禁止? オリラジ中田が暴露か

吉本芸人養成所NSC、「死亡免責」以外にもコンビニ利用・恋愛禁止? オリラジ中田が暴露か

pic pic

オリエンタルラジオ・中田敦彦

 吉本興業の芸人養成所であるNSCが、夏合宿の参加に際して「死亡しても一切責任を負わない」と記された誓約書へのサインを求めていたことがわかった。これを受け、ネット上では「吉本、どんだけブラック体質なんだよ」「一応は素人のNSC生に対してこの扱いなら、芸人の扱いもたかが知れてる」といった冷めた声が聞かれる。

 NSCの実態は、芸人がエピソードトークで語る以外には、ネット上にもほとんど情報がない。こちらも、ネット上での不用意な情報発信が禁じられているためだろう。

 そうした中で、今回の闇営業問題に沈黙を貫くあの有名芸人が、NSCの実態を暴露していた。

 「オリエンタルラジオの中田敦彦ですね。2013年に出版した自伝的小説『芸人前夜』(ヨシモトブックス)内において、NSCの様子が記されています。この本は自身の生い立ちから、バイト先でのちに相方となる藤森慎吾に出会い、ともにNSCに入り頭角を現すまでが、詳細に記された本です。『出版にあたり一部脚色が加えられている』と断り書きがあるものの、ほぼ実体験ベースの話と見て良いでしょう」(芸能関係者)

 『芸人前夜』に記されているNSCの実態は、かなりシビアだ。養成所そばのコンビニは、過去に生徒が騒いでクレームが来たため使用禁止となり、近くの公園も、ネタ合わせなどで苦情が来るため使用禁止。もし使った場合は、即刻クビが言い渡される。ただ、「お前はクビ」と言われても、「頭を丸めて事務所掃除を1か月するならクビ取り消し」といった温情措置もある。

 レッスンの前には口臭チェックがあり、臭うと怒られるともある。こちらも客前に出るから、エチケットはしっかりしろということなのだろう。こうした厳しい環境のため、4月に始まり、夏までには半分は辞めていったという。

 さらに、NSC内では恋愛禁止ルールもあった。ただ、中田はこっそり同期の女性と付き合っており、これは『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)でも披露されたエピソードだ。

 こうした厳しさをわかって、敢えて行く場所というのがNSCなのだろうが、さすがに「死亡しても吉本は責任を持たない」誓約書にサインさせるのは、行き過ぎた行為とは言えそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ