search
とじる
トップ > スポーツ > サッカーワールドカップロシア大会抽選会 その見どころは?

サッカーワールドカップロシア大会抽選会 その見どころは?

 サッカーロシアワールドカップの組み合わせ抽選会が、12月1日(日本時間2日)にロシアの首都モスクワで行われる。六度目の出場となる我らが日本代表の組み合わせが注目される中、他にもサッカーファンにとって見どころが多いイベントがこの組み合わせ抽選会だ。

■各国、大物スターたちによるドロー
 ワールドカップ抽選会は、世界中の注目の集まるビッグイベントと言っても過言ではない。出場国の組み合わせはもちろんのこと、イベントの煌びやかさを演出するのは世界各国から参加の大物ゲストたちだ。

 今回、ドロー(くじ引き)を行うアシスタントとして登場するゲストとして、ディエゴ・マラドーナ氏やローラン・ブラン氏、ファビオ・カンナバーロ氏、ゴードン・バンクス氏等かつての名プレイヤー8名が決定している。ドローの行方もさることながら、超大物である彼らの現在の姿形・立ち居振る舞いなどを目にすることが出来、ファンにとって非常に興味深い。

■日本代表以外の組み合わせも要注目
 もちろん、組み合わせ抽選の結果は最重要。そして、日本以外の組み合わせも見どころは多い。

 ワールドカップでは様々な因縁・ジンクスなどが存在する。中でもサッカーの母国イングランドには多くのエピソードが伝えられていて、中でも有名なのはアルゼンチンとの戦いの歴史だ。1986年メキシコ大会の「神の手ゴール」に代表される、数多くの激戦を行ってきた二つのサッカー大国、今回も1次リーグより同グループになる可能性があり、その結果が注目される。

 また、欧州予選プレーオフでイタリアを破り話題を呼んだスウェーデンもイングランドにとっては厄介な存在となっている。2002年日韓大会、2006年ドイツ大会と二度グループリーグで戦い、何れも引き分けに終わっている。3大会ぶりとなる出場のスウェーデンは第3ポットに振り分けられており、勝ちきれないイメージのイングランドは三たび、グループの同居を恐れているのではないだろうか。

 他にも、昨今の各大会で脅威となり続けているアフリカ勢、特にセネガル・ナイジェリアの組み合わせの行方も必見だ。過去の大会での高い実績もあり、今回、第三・四ポットに振り分けられていて、強豪国と同グループになることは確実。これまで、その驚異的な身体能力で優勝候補を破るなど波乱を巻き起こしてきた両国、果たして今回は大会の戦況にどのような影響を及ぼすか。

■組み合わせが決まり、様々な情報も
 そして、組み合わせが決まると、いよいよ本大会に向け、本格的に対戦相手の研究がはじまる。ここから、本大会に向けての練習試合の対戦国も一気に決まっていくパターンも多い。それにより、各国サッカー関係者だけでなく、世界中のファンも含め、具体的な対戦国のイメージが形作られていくのである。

 さらには、同居するグループの国々のサッカーだけでなく、その国の文化など多くの情報がもたらされることもあり、様々な面で各国々に対しての関心が深まっていくことは間違いないだろう。サッカーワールドカップには数多くの楽しみが詰まっている。(佐藤文孝)

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ