search
とじる
トップ > 社会 > 『源氏物語』に仕組んだダイナマイトで新幹線を爆破?【衝撃の未成年犯罪事件簿】

『源氏物語』に仕組んだダイナマイトで新幹線を爆破?【衝撃の未成年犯罪事件簿】

pic pic

画像はイメージです

 東映製作の映画に『新幹線大爆破』(1975年公開)という作品がある。「速度80キロを下回ると爆発する」という爆弾を新幹線に仕掛けたテロリストと、鉄道関係者と警察、車内で人質状態になっている乗客の心情などを丁寧に描いたパニック映画の金字塔で、現在に至るまで熱烈なファンがいる。

 そんな『新幹線大爆破』からさかのぼること8年前の1967年(昭和42年)4月15日。東海道新幹線大阪行き「ひかり21号」の車掌から東京の指令所に「7号車の座席に爆発物らしき装置が付いた本が置いてあった」と報告が入った。

 ひかり21号は名古屋駅で緊急停車し、名古屋鉄道中央公安室の職員が爆発物の撤去に乗り出した。

 爆発物は厚さ4センチほどの『源氏物語』のケース入りの本で、本の中身はくり抜かれ、3本のダイナマイトに雷管、乾電池などが仕込まれていた。ケースを取り外すと乾電池と金属線が接触し、雷管、そしてダイナマイトにつながるという手の込んだ爆発物で、理論上、爆発する可能性はあった。

 もっとも、爆破装置は粗悪であり実際に爆発するリスクは小さかったようだが、もし走行中に爆発していれば新幹線の底が抜け、横転する可能性があったほか、パニックになった乗客が総立ちになった際の将棋倒しなど二次災害が発生する可能性もあった。

 警察はすぐに、この爆弾を新幹線に仕掛けた犯人を捕まえるため、乗客に不審者がいなかったか調べた。

 すると、意外な人物が容疑者として浮上した。この日、ひかり21号には高校生の修学旅行客がおり、その中の一人がダイナマイトの入った『源氏物語』に付着していた指紋と一致したのだ。

 ​>>大人しい高校生が電車の中で副校長を殺害!【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<​​​

 容疑者は福島県に住む18歳の男子高校生で、警察が家宅捜査すると、家の中から4本のダイナマイトが発見されたのだ。

 この男子高校生は、SFマニアで爆発物のマニアでもあり、自分の研究の成果を調べるためダイナマイト入りの本を新幹線に置いてきたという。「光源氏」と「ひかり号」をかけて『源氏物語』を選んだそうだ。

 少年は事件から約1年後の1968年に逮捕され懲役5年から10年以下の不定期刑が言い渡されたという。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ