search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 志らくは制作サイドに怒り?『グッとラック!』後釜番組の中身が明らかに、ターゲットは「アクティブ主婦」

志らくは制作サイドに怒り?『グッとラック!』後釜番組の中身が明らかに、ターゲットは「アクティブ主婦」

pic pic

画像はイメージです

 先月、一部でTBS系の情報番組「グッとラック!」が今年3月いっぱいで終了することが決まったことが報じられた。

 同番組は落語家の立川志らくをMCに据え、19年9月30日にスタートしたばかりだが、わずか1年半で終了の憂き目に。

 報道によると、数字を取れなかったことが終了に至る大きな理由。これまでは情報制作局が制作していたが、新番組は「コンテンツ制作局」が制作。

 かつて同じ枠で放送されていた「はなまるマーケット」が他局の情報番組と違う路線で固定ファンをつかんだが、ワイドショー的な要素を抑え、「はなまる」を参考にして、生活情報を中心にする予定だとされていた。

 「報道後、志らくは『ずっとムカムカしていて。昨日、今日、この番組の変な噂も流れているし、落ち着いてられない』と不満タラタラだったが、すでに打ち切りは決定。さすがに、正式発表はまだ先になりそうだが、志らくは制作サイドに怒りを募らせているのでは」(テレビ局関係者)

 ​>>『グッとラック!』テコ入れも打ち切り? 理由は低視聴率だけじゃない、志らく事務所との関係とは<<​​​

 気になる後釜番組だが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)がその詳細を報じている。

 スタートする新番組のタイトルは「SUNNY(仮)」で、MCはお笑いコンビ・麒麟の川島明、サブMCはタレントのSHELLY。局アナからは、田村憲久厚労大臣の実娘・田村真子アナが抜擢される予定。

 番組のターゲットは20歳から49歳までの「アクティブ主婦」で、コンセプトは「お金をかけなくても、今の暮らしが10倍楽しくなる番組」だというのだが…。

 「さすがに同じような企画ばかりだと飽きられてしまので、番組スタッフは毎日、違う企画を立てなければいけないのでかなり多忙になりそう。ただ、企画次第では数字が大きく伸びることもありそうだ」(芸能記者)

 局の上層部は新番組に大きな期待をかけているに違いない。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ