search
とじる
トップ > 社会 > 72歳医師の男、出勤中に自動車の前方が大破する事故を起こして逮捕 その理由に怒りの声

72歳医師の男、出勤中に自動車の前方が大破する事故を起こして逮捕 その理由に怒りの声

pic pic

画像はイメージです

 兵庫県神戸市東灘区の路上で酒を飲んで運転したうえ事故を起こしたとして、72歳の医師の男が逮捕されたことが判明。その行動に憤りの声が上がっている。

 事件が発生したのは22日午前8時半頃。神戸市東灘区で住民から「何か衝突したような音がした」「前方が大破した車が走っている」などの通報や目撃情報を受け、警察が出動。通報者の家の近くにあった電柱に何かがぶつかった跡を発見し、付近を捜査したところ、前方が大破した車を見つけ、運転手に職務質問した。

 その後、アルコール吸気チェックを実施すると、基準値を上回るアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕した。警察の取り調べに対し、男は病院へ出勤中だったことを明かし、「22日午前2時まで自宅で日本酒や焼酎を飲んでいた」と容疑を認めている。男は兵庫県小野市の病院に非常勤で務めていたそうだ。

 この犯罪に、「72歳という年齢で、コロナ禍で非常勤とは言え、医療に携わってくれていることは感謝しているけど、午前2時まで酒を飲んで朝早く出勤するのはあり得ない。仮に事故を起こしていなかったとしたら、酒に酔った状態で診療をする気だったってことなのか?」「72で必要とされるドクターであることは凄いけど、この行動はどうしようもない」「こんなのはダメでしょ。コロナで頑張るとか関係ない」「酔いが醒めたと思ったんでしょうけど…。こんな医師に診療してもらいたくない」と憤りの声が相次ぐ。

 ​>>40代女性、救急車を呼ぶも保健所の連絡を勧められ対応遅れ死亡 女性の母が「3,4日前から発熱」と連絡<<​​​

 一方で、「酒を飲まなきゃやってられないような環境で働いていたのでは」「こんな状況にならないよう、病院が精神をケアするべきだった」「前の日遅くなったのだとすれば、タクシーなどを手配するべきではないのか」「待遇の悪さを感じる」などと、病院側の責任を口にする声もあった。
新型コロナウイルス感染拡大の第三波到来で、医療の逼迫が叫ばれる昨今。逮捕された男も72歳ながら医療従事者として奮闘していたと思われるだけに、この行動は残念だ。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ