search
とじる
トップ > レジャー > ハンカチを持っていない男の方が最後に選ばれる理由

ハンカチを持っていない男の方が最後に選ばれる理由

pic pic

画像はイメージです

 彼女ができない男性の特徴として、いつもTop5に入る理由の1つは「清潔感がない」。だからこそ、最低限の身だしなみとして毎日お風呂に入り、ヨレヨレのシャツをクリーニングに出し、ハンカチを持ち歩くという男性も多いのではないでしょうか。

 ​>>女子は「足の指の毛」を剃らないほうがいい理由<<​​​

 ですが、ハンカチをいつも忘れてトイレの後は適当に服や髪の毛などで手をぬぐっているような男性の方が、実際は結婚が早かったりするのです。

 この矛盾はなぜ起こるのでしょう。ハンカチを持ち歩くのがマナーのはずなのに、ハンカチを持っていない男性を選ぶ女性の心理とは一体どうなっているのでしょうか。

 これには2つの理由があります。

 1つは、女性は「この人には私が必要なんだ」と思える男性と一緒にいたいと思うからです。

 毎日アイロンがしっかりと掛かったシャツを着て、髪もバッチリセットしている男性は、もちろん魅力的です。ただ、そういう男性を見ると「自分とは釣り合わない」と苦手意識を持ってしまう女性もいます。
 そういう女性は、手を洗った後に拭くものがなくて困っている男性にハンカチを差し出した時、可愛いなと思いつつ、ちょっとした安心感を覚えます。

 仕事はできても私生活では助けが必要に見える男性に対して、女性は「結婚して自分がお世話をしてあげたい」気持ちを湧き立たせるのです。

 2つめの理由は、完璧主義が女性を怖がらせること。

 なんでもそつなくこなし、身だしなみにも余念がない男性は、完璧主義だと見られやすいです。完璧主義な人は、人にも完璧さを求める傾向にあるため、女性に結婚してからの苦労を想像させてしまいます。
 家事や掃除が行き届いていなければ文句を言ってきそうな男性を、進んで夫にしたいと考える女性は稀です。

 ちょっとくらい緩くても良いよね、お互いに足りないところは補っていけば良いよねと言ってくれる男性の方を、女性は選びたくなるのです。

 女性にハンカチをさっと手渡せる男性も素敵ですが、ハンカチをたまに忘れる男性にだって女性は魅力を感じます。

文/恋愛ライター・大山奏

関連記事

タグから探す


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ