search
とじる
トップ > スポーツ > マーベラス長与千種の愛弟子、エース彩羽匠が全治10ヶ月の重傷!「最強になって戻ってきます」

マーベラス長与千種の愛弟子、エース彩羽匠が全治10ヶ月の重傷!「最強になって戻ってきます」

pic pic

彩羽匠

 長与千種が社長を務める女子プロレス団体マーベラスの代表兼エースの彩羽匠が重傷を負った。
 彩羽は26日の東京・新木場1stRINGで行われたハロウィン大会で、6人タッグマッチに出場。ランニングスリーを切り返された時に、突如足を痛めたそぶりを見せ動きが止まってしまった。試合は成立したが、彩羽は担架で退場。状態が心配されていた。

 マーベラスは彩羽の容態について「10月27日に医師より診断結果を頂きました。診断名は、右膝膝前十字靭帯損傷、右膝内側側副靭帯損傷、右膝外側半月板損傷。手術式名は関節鏡視下十字靭帯再建術、関節鏡視下半月板縫合術で、全治10ヶ月程度の見込みです」とかなりの重傷であったことを明らかにしている。

 続けて「参戦予定を控えておりました各団体様 関係各位の皆様。長期の休場となり多大なるご迷惑とご心配をおかけ致しますが、しっかりと手術とリバビリを受けさせこれまで以上の彩羽匠としてリング復帰を目指させるよう精進努力させて参ります」と団体としての声明を発表した。

 エース彩羽の長期離脱は団体にとってかなり痛いことだが、彩羽が図抜けた存在だっただけに、若い選手たちにとっては、大きなチャンスになるはずだ。彩羽のタッグパートナーで、先日復帰したばかりの門倉凛にはシングルプレーヤーとして飛躍し、彩羽が戻った時、対等のパートナーになれるよう成長してもらいたい。

 北斗晶が提唱したアッセンブルや、先日、彩羽が敗れはしたものの岩谷麻優と激戦を展開したスターダムなど、他団体でマーベラスを売り込む役割も彩羽が一人で受けていた。今後は他団体でマーベラスを広める役割を他の若い選手たちで担っていくしかないだろう。師匠・長与のイズムを持ったマーベラスの選手たちならやってくれるはずだ。

 彩羽は「最強になって戻ってきます」と27日の夜、自身のツイッターを更新。彩羽は彩羽で性格上、欠場期間を決して無駄にしないはず。既に復帰後のビジョンを描いていても不思議ではない。ここまで走り続けてきただけに、悪いところは全て治した上で、最強の彩羽匠の復活を待ちたい。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ