search
とじる
トップ > 芸能ニュース > KAT-TUN亀梨が田辺のギャグを? その後奇跡の出会いも…人気急上昇中のぼる塾、吉本大型フェスの意気込み語る

KAT-TUN亀梨が田辺のギャグを? その後奇跡の出会いも…人気急上昇中のぼる塾、吉本大型フェスの意気込み語る

pic pic

ぼる塾・きりやはるか、あんり、田辺智加

 9月27日、よしもと漫才劇場(大阪)、ヨシモト∞ホール、神保町よしもと漫才劇場の3劇場がオンラインでコラボレーションする10時間の生配信『わちゃフェス2020』が開催される。
 将来のお笑い界を担う若手芸人が多く登場する本イベントは、劇場対抗バトル、10時間ダイエット企画、テーマソングバトルなど、コラボならではの企画が盛りだくさん。まだ見ぬ芸人を青田買いする意味でも注目のフェスとなっている。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 今回、フェスに出演する芸人代表として、神保町よしもと漫才劇場に所属するぼる塾(あんり、きりやはるか、田辺智加、酒寄希望=現在育休中)にインタビューした。ぼる塾は、同級生コンビだったはるかとあんりの「しんぼる」、田辺と酒寄の「猫塾」が融合したカルテット。結成後、すぐさま頭角を現し、現在テレビでも活躍中だ。

 フェスのことはもちろん、KAT-TUN・亀梨和也のファンとしても知られる田辺に質問をぶつけた。

――劇場が一堂に会するのは初の試み。心境を教えてください。

あんり「楽しみですね。オフィシャルコメントの質問で『(ヨシモト∞ホールの)大自然さん、男性ブランコさんとやりたい』って答えたんですけど、実現すればいいなと思います」

――田辺さんは10時間でダイエットに挑む大型企画のメンバーに指名されていると聞きました。

田辺「私はやりません! ダイエットは10時間じゃ無理ですよ。(あんり、はるかに向かって)ダイエットってね。無理してやっちゃいけないのよ。私、仕事で12時間ご飯を食べられないことがあったんだけど、それだけで命の危険を感じたのよ? ってことは、10時間何も食べられないかもしれない可能性がある。そのせいで『わちゃフェス』が楽しめない。だからやりません!」

――(笑)。3劇場でおすすめの芸人さん、気になる芸人さんは?

 あんり「私は大自然さん、男性ブランコさんが大好きです。人柄、人間性がネタに出ていますし、優しくって面白いっていうのがすごいと思います。私が芸風的に先輩に物申したり、若干人を傷つけて笑いをとったりしているものですから、余計に憧れますね」

 はるか「(よしもと漫才劇場の)吉田たちさんとコウテイさんのネタがめちゃめちゃ好きです。コウテイさんは『なぁなぁ下ちゃん。売れたら〇〇やりたい』っていうネタの入り方が好きです。ネタも飛んでいるのに面白くて『なんだこれ』って思いながらも見ちゃうのが、大阪芸人さんならではって感じがします。吉田さんたちは、双子を生かしながらのネタがうまく作られていて、すごいなって思います……お客さんみたい、私(笑)」

 田辺「私、大阪の男が好きで(笑)。よしもと漫才劇場は、からし蓮根、ラニーノーズ、ゆりやんレトリィバァが同期でいるので、このフェスを通して交流があればいいなって思います。無限大では、レインボー、そいつどいつが同期で、男の子同士では(大阪・東京芸人関係なく一緒に)ライブをしているんですけど、私は関わっていないから中に入れてほしいです」

――どんなことがやりたいんですか?

 田辺「特にはないんです。私はラニーノーズが好きで……」

――面白い芸人さんでイケメンとしても知られていますよね。

 田辺「顔だけじゃないんですよ。ネタも面白くて、中身もいいんです。誰に聞いても『面白くて優しい』っていう……完璧。結婚もされたのでおめでとうって伝えたいです」

――では、皆さんのことを教えていただきたいです。まずは、田辺さん、はるかさんに、あんりさんの魅力を教えていただきたいです。

 はるか「話し上手だし聞き上手だし、相談しやすいです」

 田辺「思いやりがある。表ではやんや噛み付いたり先輩にしているけど、すごく優しいです。誰よりもはるちゃん、私、酒寄さんのことを考えてくれている。頭使わせちゃってね~」

 あんり「36歳に言われるのか(笑)」※田辺は36歳、あんりとはるかは25歳

 田辺「あと無限大に行くときに、前に進めなくない? あんりが来ると周りの芸人がざわつくというか、イジられがすごいんですよ」

 あんり「そんなことないですよ。気づいていたら(イジられるために)奥の部屋まで行っていたってことです(笑)」

 田辺「私も『あんりみたくならないといけないな』って思いました。周りからやんや言われるのは大事だなって」

 あんり「まぁ、でもそうかもしれない。先輩に噛み付くのもそういうので生まれたんで」

――はるかさんはどうですか?

 田辺「普段はふざけているけど、実は真面目ね」

 あんり「真面目にならなくていいところで真面目になるというか、私は収録で考えすぎて落ち込んじゃうんですけど、はるちゃんは“今日は落ち込むべきじゃないか”っていうときは元気なんですよ(笑)。“あそこで喋るの面白かったな”って思った時に、落ち込んでいたりして……価値観が違うというか、唯一無二で誰もマネできないところがあります。こうはなれないです!」

 はるか「(笑)」

ーー田辺さんの魅力はどんなところにあると思いますか?

 あんり「人付き合い、生き方が上手だと思います。私とはるちゃんが、ささいなことで意見が食い違う時があるんですけど、そのときに間に入るのが田辺さんなんですよ。どちらの味方にもならないし、お互いに共感してくれるから、私たちの言い合いも冷静になって収まるというか」

 はるか「一番味方になってくれる存在。ぼる塾はみんな味方なんですけど、一番気にかけてくれます。私も落ち込むときがあるんですけど、そのときに田辺さんが『あんた大丈夫?』って連絡をくれて」

 あんり「近所のおばさんじゃん(笑)」

ーー現在育休中で、ぼる塾さんのYouTubeチャンネルでもたびたび登場する酒寄さんはいかがですか?

 あんり「プロデュース力ですね。人の活かし方がうまいです。『あんりちゃんはこれが面白いよ』って人を面白くしてくれる才能がすごいと思います。(ネタ中の)田辺さんの自虐の部分も、私が考えると嘘くさくなっちゃうんですけど、酒寄さんが考えたネタだと聞けるんです」

 はるか「私たちが出た番組、ネタも全部チェックしてくれるんですよ。ボートレースの配信番組に出た時も、お子さんと一緒に観てくれたみたいで(笑)」

 田辺「本当にストイックなんですよ。私と(猫塾を)組むときに『絶対私が田辺さんのことを売れさせる』って言ってくれて」

 はるか「あと、負けず嫌い!」

 あんり「自分というよりも『あんりちゃんが負けるわけない』って仲間に対しての負けず嫌いな部分があって。私たち3人はそこまで自信満々のタイプではないので、酒寄さんに言ってもらえると勇気になります」

ーーいいバランスなんですね。では、テレビに出るようになってうれしかったこと、感動したことを教えてください。

 あんり「家族の反応がうれしいです。いま6年目で、4、5年目くらいまでは、家族から“十分やったんじゃない?”って空気があったんですけど、ぼる塾になって、テレビに出させていただくようになってからは、本当に喜んでくれて。劇場は来ないと観られないですけど、テレビは家族とか親戚が観てくれるし、みんなが応援してくれているのを感じられるのがうれしいです。頑張ってよかったなって思います」

 はるか「3人で行動することが多いんですけど、外で声をかけていただけるのがうれしいです。私はどこにもいそうなんで1人だと声はかけられないですけど、前に3人でスーパーへ行ったとき、私が別の場所にいてパッと見たら、あんりと田辺さんが声をかけられていたんですよ。“やっぱりすごいんだな”って思いました。ボリューミーだからっていうのもありますけど(笑)」

 田辺「『しゃべくり007』(日本テレビ系)をきっかけに、Twitterのトレンドで『田辺さん』っていうのが入って、ビックリしちゃいました。そのおかげで、KAT-TUNの亀梨くんが、私が生きているってことを知ってくれたり(番組に亀梨がVTR出演した)、最近だとTwitterのリプがたくさんきて『なんだろう?』って思っていたら『亀梨くんがオンライン配信で、田辺さんの“まぁね~”っていうギャグをやってくれた』って……。私の目標が『私のギャグを亀梨くんがやってくれること』だったので、まさか夢がかなうなんて!」

ーー田辺さんはまだ亀梨さんとは会えていないそうですが、あんりさんとはるかさんは偶然お会いしたことがあるんですよね。

 あんり「そうなんですよ! 田辺さんにドッキリを仕掛ける番組だったんで、2人で早めに日テレに入ったんですけど、打ち合わせが早く終わったんで、コンビニに行こうと思ってはるちゃんと歩いていたら、後ろの方から誰かが追いかけてきて『この間、ありがとうございました!』って挨拶してくださったんですよ。スタッフさんだと思って振り返ったらマスクしている男の人がいらっしゃって、それが亀梨さんだったんです。マスクしていても明らかにオーラがあって、私たちも慌てちゃって(笑)。何て返したのか記憶にないくらい驚いちゃいました」

ーー突然なので驚きますよね。

 あんり「『田辺さんによろしく』って言われたんですけど、その後、私とはるちゃんで『肝心の田辺さんがいないときに会っちゃったね……』って、田辺さんに言うべきか言わないべきか迷ったんですよ。怒るんじゃないか、泣くんじゃないかって、酒寄さんに相談したら『めちゃめちゃ面白いよ』って。田辺さんのリアクションがもったいないから、生配信なり、番組で報告した方がいいって。だから4人の生配信のときに報告しました」

ーー田辺さんはどう思ったんですか?

 田辺「その日、リモートでプロ野球の生配信に出演されるのは知っていたので、2人に『いるじゃん。会っちゃったらどうする?』とか騒いでいて。その日はドッキリだったので、1人の楽屋だったんですけど、亀梨くんが出ているテレビ中継を観ながら2人に『衣装がカワイイ!』とかLINEで送りまくっていて、でも反応が薄くて」

 あんり「そのときすでに会っていたんです……」

 田辺「帰りのエレベーターでも『会えるもんじゃないね』って言っても、2人はサラッとしていて(笑)」

 あんり「私たちは心の中で“さっき会いました”ってずっと思っていました(笑)」

ーー亀梨さんのファンからも声をかけられることが増えたんじゃないですか。

 田辺「ありがたいことに『田辺さんと同じ気持ちです』って言ってくれる人がいてうれしいです。『“この気持ちってなんなんだろう”って思っていた気持ちを田辺さんが代弁してくれた』って言ってくださったときは、オタクでよかったなって思いました」

 はるか「田辺さんが亀梨くん好きって言っているのを聞いて、亀梨くんを好きになった人が増えているらしくて」

 田辺「それもうれしいです~」

ーーお二人には、会いたい人はいらっしゃらないんですか?

 あんり「私、阿佐ヶ谷姉妹さんを尊敬していて、なかなか共演する機会がないので、一度お会いしたいです。あの2人もずっと仲良しで、自分たちの空気感も持っていらっしゃるんですけど、優しいのに面白いし、絶対笑っちゃうじゃないですか。目指すべきは阿佐ヶ谷姉妹さんじゃないかと思います」

 はるか「中村倫也さん、斎藤工さん、あとゲーム実況をされているYouTuberの三人称(SANNINSHOW)さんですね。三人称さんは自然体でゲームをやっていて面白いんですよ」

ーーありがとうございました。最後に『わちゃフェス』の意気込みを教えてください。

 田辺「離れている劇場がひとつになるなんてすごいことなので、この状況を楽しみたいです。こんなに出演者が多いなんてワクワクします」

 あんり「すごい方々がたくさんいらっしゃるんで、“こういう時期でも笑いが取れるんだぞ”っていうところを見せていきたいですね」

 はるか「新しい環境ですよねー。この時期だからこそオンラインフェスが作られたと思うので、頑張りたいです」

取材・文:浜瀬将樹

『わちゃフェス2020』
日時:9月27日(日)開演12:00~22:00
出演者:ぼる塾、ミルクボーイ、見取り図、ニューヨーク、空気階段ほか
オンラインチケット:3,000円
※開演より72時間見逃し視聴サービスあり
劇場観覧チケットも発売中
公式サイト:https://wachafes.yoshimoto.co.jp/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ