search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 松本人志『ドキュメンタル』、オーストラリア版が話題! 逆輸入版のホストはあのハリウッド女優

松本人志『ドキュメンタル』、オーストラリア版が話題! 逆輸入版のホストはあのハリウッド女優

pic pic

『LOL:HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~オーストラリア版~』シーズン1

 2016年よりAmazon Prime Videoにて配信されている、ダウンタウンの松本人志企画・プロデュースのAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シリーズ。現在シリーズ7まで配信されており、芸人のプライドをかけた熾烈な戦いが毎回話題になっている。

 『ドキュメンタル』とは、賞金1,000万円を懸けたお笑いサバイバルバトル番組。松本やスタッフから選出された10人の芸人が参加費として100万円を用意し、制限時間の6時間以内にお互いを笑わせ合い、最後まで生き残った芸人が賞金を手にする、という芸人のプライドをかけた戦いだ。

 その『ドキュメンタル』の大ヒットを受けて、海外“逆輸入版”『ドキュメンタル』、『LOL(Last One Laughing)』シリーズが制作、配信開始されている。第1弾のメキシコ版が2019年4月に配信され、第2弾の『LOL:HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~オーストラリア版~』が6月19日より日本、オーストラリアを含む世界の200以上の国・地域で配信開始となった。

 オーストラリア版も、日本版『ドキュメンタル』の基本的なルールに沿って進められる。10人の選ばれた参加者が6時間の制限のもと笑いを仕掛け合い、最後まで笑わなかった者が優勝賞金を手にすることができる。尚、オーストラリア版の参加者は参加費支払いの必要がなく、優勝者は“最後まで笑わない者”の称号と賞金10万ドルが手に入る。

 本作のホスト役は、ハリウッドで活躍するオーストラリア出身の女優・コメディエンヌのレベル・ウィルソン。『ピッチ・パーフェクト』や『ナイトミュージアム』など、ヒット作に多数出演し存在感を発揮している。本作の第1話・第2話の配信後にも、数多くの海外メディアから高評価のレビューを獲得。そして、待望の第5話と優勝者が決まる最終話(第6話)が、7月3日にPrime Videoにて配信となる。

 本作の制作総指揮も務めるホストのウィルソン氏は、「Prime Videoファミリーのクリエイターやタレントたちと番組制作に参加できるなんて、とても興奮しているわ。才能豊かなオーストラリアのコメディアンたちがどんなことを思いつくのか、優勝賞金を手にすることがどんなに難しいことなのか、今から見るのが待ちきれないわ。」と、番組制作に向けてコメントを寄せている。

 “本家”日本版のAmazon Original『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン8は、2020年8月21日よりAmazon Prime Videoにて独占配信開始が決定おり、誰が出演者となるのか注目が集まっている。

『LOL:HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~オーストラリア版~』シーズン1
原題:『LOL: Australia』
話数: 全6話 ※第5話、第6話は7月3日(金)配信開始
出演: レベル・ウィルソン、アン・エドモンズ、ベッキー・ルーカス、ディルク・ジャヤシンハ、エド・カヴァリー、フランク・ウッドリー、ジョエル・クリーシー、ナジーム・フセイン、ニック・コーディ、サム・シモンズ、スージー・ユセフ
番組URL: http://www.amazon.co.jp/dp/B089YWB9NM

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』 シーズン8
配信開始日:2020年8月21日(金)
話数: 全5話一挙配信
出演: 松本人志(ダウンタウン) ※参加者は後日発表
番組URL: http://www.amazon.co.jp/documental

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ