search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 松本人志からも支援! コロナ禍で気になる芸人事務所の“ギャラ事情”

松本人志からも支援! コロナ禍で気になる芸人事務所の“ギャラ事情”

pic pic

ダウンタウン・松本人志

 新型コロナウイルスの影響で、様々な事業や施設が休業状態となっていたが、緊急事態宣言が解除され、徐々に再開の目途が立ってきた。そんな中で、吉本興業が6日、東京・ヨシモト∞ホール、大阪・よしもと漫才劇場で無観客による有料配信を始動。これから、徐々に観客を入れて劇場を再開していくという。

 緊急事態宣言中は、劇場を中心に活動してきた芸人は、舞台に立つことができず、無収入の状態だった。生活がままならず、ウーバーイーツなど外でできるアルバイトを増やしたり、廃業を考える芸人も多くいると懸念されていた。

 そんな中、吉本興業は劇場出番のあった芸人に対して、出演料の半分を支給。さらに、売れっ子芸人からも支援の手が。ダウンタウン・松本人志が食べていけない若手芸人に、無利子・無担保で100万円貸付を行っているとの報道があったり、今田耕司が番組で絡んでいる関係上、事務所の芸人やタレントで結成されたアイドルグループ・吉本坂46の“家族がいる”メンバーに商品券をプレゼントしたという。

 東京には、芸人が所属する事務所が多くあるが、中でもウッチャンナンチャン、出川哲朗、ナイツらが所属するマセキ芸能社は「社長より新型コロナウイルスのイベント等中止による給付金」、家族がいる芸人には「社長より新型コロナ給付金(扶養家族分)」といった名目で、ギャラが支給されたという。これにはマセキに所属する芸人も大喜びで、SNSで感謝を述べていた。

 「現在はどうなっているのか分かりませんが、バナナマンらが所属するホリプロコムのある芸人は、マセキの芸人をうらやましがりつつ、『(事務所からは)まったく何の音沙汰もない』『(SNSの)バトンだけ来た』と笑い話にしていましたね。ほかの事務所は不明ですが、何かしら対応をしているのかもしれません」(芸能ライター)

 コロナ禍で利益を生み出すことが難しい状況の中、しっかりと動いてくれた事務所に対して、芸人は恩を感じていることだろう。彼らが笑いで恩返しできる日を楽しみに待ちたい。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ