search
とじる
トップ > スポーツ > マエケン、新型コロナの影響でLA帰還を報告 ツインズ移籍後から1か月ぶり、嬉しい出来事も

マエケン、新型コロナの影響でLA帰還を報告 ツインズ移籍後から1か月ぶり、嬉しい出来事も

pic pic

前田健太(写真は広島時代)

 ミネソタ・ツインズの前田健太が、19日に自身のツイッターに投稿。チームの春季キャンプが行われていたフロリダを離れ、ロサンゼルスへ移動したことを報告した。

 新型コロナウイルスの影響により、本来予定されていた26日からの開幕が延期となったメジャーリーグ。MLB公式サイトによると、14日時点では「各チームでキャンプ地の施設が選手たちに開放される見込み」とされていた。

 ただ、そこから現在までにツインズを含めタンパベイ・レイズ、マイアミ・マーリンズ、シンシナティ・レッズ、トロント・ブルージェイズといった球団が、キャンプ地の球場及び練習場を閉鎖。そのため、該当球団の選手たちは各自で調整を続ける必要に迫られている。

 前田は19日午前11時35分に自身のツイッターに投稿。「キャンプ地が閉鎖してしまいました。練習を継続する為、数日前にLAに戻りました。トレーニングは継続してやってます」と自宅のあるロサンゼルスに戻ってきたことを報告。

 また、同日午後2時1分の投稿では「トレードが正式に決まってから 久しぶりにロサンゼルスに戻って」と、ロサンゼルスへ戻るのは先月9日のツインズ移籍決定以来だと明かした。続けて、「ほぼ毎日行っていた家の近くのスタバへ行きました。いつもいたスタバの店員さん達がすごい笑顔で『ケンタ久しぶりー元気だった?』と喜んでくれた」とうれしい出来事があったことも明かしていた。

 一連の投稿に返信する形で、ツイッター上のファンからは「大変ですね、くれぐれも体調には気をつけてください」、「いつか訪れる開幕に向けて、LAでも良いトレーニングができる事を切に願います」、「野球選手前田健太として知られてるんですね、向こうの人は気さくでいいなあ」、「こういう状況だからこそ、そのような交流は癒されますね」といった反応が多数寄せられている。

 2016年1月にポスティングで広島からロサンゼルス・ドジャースに移籍した前田は、同年10月にロサンゼルス西部に位置する「サンタモニカ」に約4億円の邸宅を購入したと伝えられている。先月のツインズ移籍後の居住地については不明だが、一部メディアは妻や子供をロサンゼルスに残し、前田はチームの本拠地がある「ミネアポリス」で単身赴任生活を送るのではと報じている。

 複数メディアの報道によると、ロサンゼルスに戻った前田は今後、レッズ・秋山翔吾と共に同地で合同自主トレを行うことを計画しているとのこと。前田は今月12日に自身のツイッター、インスタグラムにそれぞれ秋山と休日を過ごした写真をアップするなど親交の深さをうかがわせているが、今後はそうした写真を見られる機会も増えそうだ。

文 / 柴田雅人

記事内の引用について
前田健太の公式ツイッターより
https://twitter.com/maeken1988
MLB公式サイトより
http://www.mlb.jp/

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ