search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ジャルジャル、丸の内で屋外漫才 コンビ共にラガーマンの過去、ラグビーの魅力を語る

ジャルジャル、丸の内で屋外漫才 コンビ共にラガーマンの過去、ラグビーの魅力を語る

pic pic

ジャルジャル・後藤淳平、福徳秀介

 お笑いコンビのジャルジャルが19日、都内で行われた「丸の内ノーサイド酒場 presented by Tokyo Good Manners Project」のオープニングイベントに登壇。ラガーマンだった高校時代の思い出を語った。

 この日は丸の内のオフィス街の街頭で、街行くサラリーマンを前に漫才を行ったジャルジャル。イベントを終えると囲み取材に応じ、ラグビー部として活躍した高校時代を懐かしそうに回顧。福徳秀介は「こう見えて現役の時は今より3キロ重かった」と述べ、「僕はバックスでした。簡単に言うとボール持って走る方でした」と嬉しそうに話す。

 相方の後藤淳平も「がりがりラガーマンだったんです」と照れくさそうに当時を振り返り、「大学、社会人とレベルが上がっていくんですけど、僕らついていくことができたのは高校まででした」とコメント。「ラグビーやっていたもんはずっと仲がいいんです。僕らもそうです」とラグビーへの思いを口にした。

 福徳は「冷静に考えてラガーマンは身長190センチ体重100キロ。そんな人が100メートルを12秒で走ったりするんです。すごいレベルのスポーツなんです。ラガーマンが運動能力が一番高いとも言われていますけど、それも一理あります」とラグビーの魅力を熱弁。

 日本で開催のラグビーワールドカップについては、注目選手はあえて挙げず。「芸人をやっていてM−1とか、注目選手で名前が挙がらないと寂しい。ここで、注目選手は挙げにくい」とその理由を述べ、優勝予想についても「大会前に、どこまで行けそうですかとかよく言われるんですけど、優勝できますかとか言われると夜眠れなくなったりするんです。だから、テレビの前では優勝とかうかつに言えない」と言葉を濁していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ