search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 出待ちにマジギレ? ミキ亜生、霜降り粗品の「塩対応」が話題 意外にもネットは称賛の嵐

出待ちにマジギレ? ミキ亜生、霜降り粗品の「塩対応」が話題 意外にもネットは称賛の嵐

pic pic

ミキ・亜生、昴生

 現在、吉本興業に所属する芸人の中でトップクラスに人気が高いのがミキ(亜生、昴生)。特に女性からは多くの支持があり、一時期、ルミネtheよしもとでイベントをすると、グッズに大行列ができるほどだった。

 しかし、亜生のファンへの態度が「塩対応すぎる」と話題になっている。先日、彼らがパーソナリティーを務める『ミキの兄弟でんぱ!』(KBS京都)では、塩対応の亜生とファンに優しく接する昴生の対応の差を報告する「ソルト&シュガー」というコーナーがスタート。番組で語られたことによると、亜生は基本的に街中で声をかけられても、まっすぐ前を見て気づかないフリをしているという。写真を撮る際には、真顔が多く、ネット上でも「この顔どう思います?」と怒りをぶつけるファンもいた。

 「亜生の言い分としては、劇場のそばは、出待ちが禁止されているということ。もちろん、節度を守った行動をする人もいるでしょうが、周りの迷惑も考えずに、道に溜まるファンも多いのが現状です。特に亜生は人気ですから、彼が対応すると人も集まってしまいますからね」(芸能ライター)

 同じく、霜降り明星の粗品もファンに苦言を呈すことが多い。彼らのレギュラー番組『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)も、劇場と同じく入り待ちや出待ちが禁止されているが、それでも声をかけてくるファンに、マジギレしていたことを相方のせいやが暴露。粗品もそれを認めた上で、「結構、本気で言うたんやけどな」と返して笑いを誘った。

 「この粗品や亜生の態度は、これまでファンを大事にしてきた芸人とは大違い。このスタイルについて、称賛の声や理解の声も多く、『単純にマナー違反のファンに対する注意喚起だと捉えてるよ』『痛いファンに対する嫌悪感が顕著で好感しかない』といったコメントがつぶやかれています。イベントにうちわを持ってきたファンにも『痛い』とはっきり言うこともある粗品ですが、亜生も同じく、とにかく漫才をしっかり観てほしいという想いがあるのでしょう」(同上)

 芸人をアイドル的に応援するファンには、時にその好意が芸人の迷惑になることに気付いてほしいものだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ