search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ようやく働く気になった吉高由里子

ようやく働く気になった吉高由里子

 女優の吉高由里子が、10月9日に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで開幕する北村一輝主演の「大逆走」で初めて舞台に出演することを一部スポーツ紙が報じている。

 記事によると、吉高は昨年、NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインを演じ、大みそかの紅白歌合戦の紅組司会を務めた後は仕事をセーブしており、同舞台が今年初仕事。同舞台は人気上昇中の劇団「THE SHAMPOO HAT」を主宰する赤堀雅秋氏が作・演出。毎晩行きつけの飲み屋で顔を合わせ、愚痴を重ねるドロップアウトした男たちと、ひと癖ある女たちの一夜の逃走劇を描き、ヒロインの吉高は道端に倒れていた不思議なOL役を演じるという。

 「事務所としては、吉高とともに看板女優の座を競っている上野樹里に思ったほどのオファーがないので、吉高に早々に復帰してほしかった。とはいえ、吉高は昨年の朝ドラの収録を終えてからはまるで『燃え尽き症候群』のような状態。ドラマや映画では刺激が足りないので、新境地を開拓できる初舞台に挑むことにしたのだろう。舞台で女優としてひと皮むけそう」(演劇関係者)

 吉高の仕事復帰に向けては、かなりナーバスな問題もあったようだが、どうやら、そちらの方もすっきりしたようだ。

 「昨年いっぱいで、長年、吉高についていてまるで姉妹のように仲が良かった女性マネージャーが退社。退社の際、事務所には何の報告もなく、吉高と国内外を旅した企画を月刊誌に持ち込み、それが掲載されてしまった。事務所は編集部などに抗議したようだが後の祭り。そんなゴタゴタを乗り越えての仕事復帰となった」(芸能記者)

 吉高といえば、先ごろ、ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎との破局が報じられたが、いろんなものを“リセット”しただけに、今後はしばらく仕事に打ち込むことになりそうだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ