search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 朝ドラと紅白で燃え尽きた吉高由里子

朝ドラと紅白で燃え尽きた吉高由里子

 昨年、NHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインをつとめ、おおみそかのNHK・紅白歌合戦では司会の大役をつとめた女優の吉高由里子の近況を発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 現時点で、今年は吉高が出演するドラマや映画などは一切発表されていないが、大役をこなしたことで、吉高は徐々に“燃え尽き症候群”の状態に陥ってしまったのだとか。

 その背景には、朝ドラと紅白のブッキングに尽力した、長年、一心同体のような状態で信頼していた女性チーフマネージャーが昨年いっぱいで吉高の所属事務所を退社。朝ドラ撮影中には周囲に「これだけ大きい仕事をしたら、これが最後でもいいでしょう? とにかくしばらくやりたい仕事が見つかるまで休ませて」と話していたこともあり、事務所も仕事を入れられない状況なのだというのだ。

 「朝ドラでヒロインをつとめた女優の問題点は、知名度・人気が大幅にアップする反面、朝ドラの看板のせいで仕事選びが慎重になってしまうところ。すでに、『あまちゃん』の能年玲奈は作品選びに失敗して“賞味期限切れ”が近づいている。頭の回転が速い吉高だけに、そのあたりを心得ているはずだが、姉妹や身内以上の関係だったチーフマネージャーの退社はかなりのダメージだったようだ」(芸能プロ関係者)

 その一方で、バンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎との交際は順調。一部ではすでに半同棲状態であることが報じられている。

 「吉高は事務所が別れさせようとしても、『別れるぐらいなら仕事辞める』と猛反発。そこまで言われては、事務所も何も言えないので交際を静観している」(芸能記者)

 いずれにせよ、吉高の次回作が注目される。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ