search
とじる
トップ > スポーツ > パンクラス 佐藤光留が総合格闘技最終戦直前に“餃子の呪縛”に見舞われた

パンクラス 佐藤光留が総合格闘技最終戦直前に“餃子の呪縛”に見舞われた

 26日のパンクラス東京・後楽園ホール大会に出場する佐藤光留と伊藤崇文が17日、都内の同道場で練習を公開。伊藤が順調な仕上がりをアピールする一方、佐藤は調整不足を露呈した。さらに“餃子の呪縛”で、総合ラストマッチを前に暗雲が垂れこめ始めた。
 伊藤はトランプを使った練習を公開。スペードの5はすりあげ腕立て5回、ハートの4はスクワット4回×2倍、ジョーカーは50回という具合に全54枚を制覇し、「頭ん中(のイメージ)を固めたくない。冷静でいるけれど、熱くなりたい」と自信をみなぎらせた。

 一方、10日付でismからMISSIONに移籍した佐藤は、メイド服&猫耳の“戦闘服”を身にまといスパーリング。また、最近何かと話題になった餃子をリング下から取り出し、食べながらのミット打ちを敢行。20個をペロリと平らげた。
 本来なら減量期に入っているはずの佐藤だが、現在は92kg。今回はミドル級契約のため、残り8日で、83.8kgまで落とさなければならない。
 「かなりヤバいっす」と苦笑いの佐藤。プロレス専念前最後の試合に黄色信号だ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ