“ルールがよく分からない”が…太川陽介&蛭子能収の旅番組が復活で「やはり名コンビ」の声

芸能ニュース 2019年04月19日 21時20分

“ルールがよく分からない”が…太川陽介&蛭子能収の旅番組が復活で「やはり名コンビ」の声蛭子能収

 太川陽介と蛭子能収がテレビ東京に戻ってきた。18日、新しいレギュラー番組として『太川蛭子の旅バラ』という旅番組が始まったのだ。

 「2人といえば、2007年から放送されてきた『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の名コンビです。2008年には最高視聴率15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東)を記録したキラーコンテンツでしたが、2017年に終了しました。ところが、最近のテレ東は企画が枯渇しているのか、何とレギュラーで彼らの旅企画を復活させることになったのです」(芸能ライター)

 2017年3月からは田中要次、羽田圭介の出演で、新シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』が放送されているが、このシリーズの評判はあまり芳しくない。そんな中、今回の復活に関して、SNS上では「やっぱ太川さんと蛭子さんのコンビがいいなぁ」という声も見られた。実際、旅の最後に蛭子が珍しく「オレ迷惑かけてない?」と聞くと、太川が「大丈夫よ、力にもなってないし」と返すあたりは秀逸だった。

 だが、旅のルールには少なからず疑問の声が上がっている。ローカル路線バスを乗り継ぐのではなく、電車旅となった。旅の資金は最初はゼロ。駅を降りて地元の方がおすすめする名所・名物に寄り道できれば旅の資金をゲット。その金額は駅の1日の利用者数に少なさに応じて決まるといい、例えば1日の利用者が1〜50人の場合は最高の5万円がもらえる。ただ、高額な駅ほど人が少ないため、名所・名物探しも苦労するというのが企画のポイントらしい。

 しかも、名所・名物を見つけただけではダメで、それを満喫しないと、逆に資金が没収されてしまうというものだ。

 長野・軽井沢から湯田中への1泊2日の旅となったが、その中で、ある有名なお寺に行ったものの、拝観時間中はお堂の中は撮影禁止と言われたため、資金が没収されていた。

 こうした誰のためのルールなのかよく分からない企画に、視聴者も不満を覚えたらしく、「旅のルールがちょっと分からない! 特に軍資金をゲットできるジャッジのポイントが良く分からない〜」「なんか名所のジャッジ基準が曖昧過ぎ」という意見も寄せられた。いずれにしても、この旅番組は木曜夜7時の視聴率激戦区で定着することができるのだろうか。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る