search
とじる
トップ > トレンド > ブレスト式 必勝ロト6当選術

ブレスト式 必勝ロト6当選術

 今年の夏はモヒートで始まりモヒートで終わった。というのもサンチャゴ・デ・クーバ・カルタ・ブランカをベースにしたモヒートを知ってしまったからである。ラムといえばダークラムのイメージが強いがラムの故郷カリブ周辺でラムといえばほぼ透明なホワイトラムのことである。キューバはスペイン、ジャマイカはイギリス、ハイチはフランスの植民地だった。それぞれの地で育まれたさとうきびが蒸留され本国で樽に寝かされダークラムとなる。それゆえ本国以外では熟成された色を帯びているラムが有難がられる。
 ラムにはアグリコールとインダストリアルという2種類の製法がある。アグリコールは、さとうきびを搾った汁を全て使用し、インダストリアルは、さとうきびから取れる副産物の糖蜜を使用し発酵、蒸留させるという違いがある。カクテルのベースには、ステンレスタンクで熟成されたインダストリアルが使われている。秋の夜長だ、今宵はMr.Dよりダークラムのサンチャゴ・デ・クーバ・アネホ・スペリオレの11年を勧められた。何処までも罪な男である。

 連番連鎖始動か否か。次回ブレスト数は、出現率14.3%の数字群から抽出。ライン数は20、30番台連番シフト。
ブレスト数3・22・35
ライン数1・6・10・11・12・13・14・17・18・19・23・24・25・28・29・33・34・36・37・38・40
【(1)・(18)・(22)・(28)・(29)・(35)】
【(3)・(10)・(12)・(17)・(37)・(38)】
【(3)・(19)・(24)・(25)・(36)・(37)】
【(6)・(13)・(14)・(22)・(23)・(33)】
【(11)・(12)・(19)・(34)・(35)・(40)】

○ブレスト式とは…
 ランダムな数字の配列をバックリーディング(裏読み)によって抽出する攻略法。出目の読みに乏しい任意の数字を選ぶときの有効なファクターとなる。

<プロフィール>
 本阿弥億千(ほんあみ・おくせん)安土桃山時代を愛するロト研究家としてホテルに根城を構える。週末は北鎌倉の工房で茶器を焼く日々。趣味は刀剣鑑賞。好きな言葉ウオーレン・バフェット「価格とは何かを買う時に支払うもの。価値とは何かを買う時に手に入れるもの」

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ