search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ジャニー氏、後継者に滝沢秀明を指名 ジャニーズファンは“あの人”じゃなくて安堵?

ジャニー氏、後継者に滝沢秀明を指名 ジャニーズファンは“あの人”じゃなくて安堵?

pic pic

画像はイメージです

 ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏が、後継者に滝沢秀明を指名したと『文春オンライン』(文藝春秋社)が報じている。

 報道によると、現在ではテレビや映画と様々な場面でジャニーズタレントが活躍をしているが、ジャニーズ事務所としてはあくまで舞台が本流の仕事だと捉えているとのこと。そういった面で滝沢はこれまでもジャニー氏が演出する舞台を中心に活躍したり、 滝沢秀明が座長を務める『滝沢歌舞伎』での長い経験もあることから、滝沢が適任であると考えられたようだ。

 これを受け、ネット上では「仕切ることが得意そうだし、まともな会社ができそう」「タッキーはJr.黄金期にあれだけの人数まとめたからいいじゃない」などと比較的好意的な意見が目立った。一方で、「未だにデカい顔してるマッチなんかになられるんじゃないなら誰でも」「マッチと言われて納得のいかなかった私でもタッキーならいいかな」という声も多く、どうやら次期後継者と思われていたマッチこと、近藤真彦ではなかったことがジャニーズファンにとっては安心できる要素だったようだ。

 「近藤さんはちょっとした失言が多く、それがそれぞれのジャニーズファンの反感を買っているようです。例えば2014-15年のジャニーズ事務所のタレントが出演するカウントダウンライブでは、以前、テレビで『カウントダウンライブには出たくない』と話していながらも、自身の35周年イヤーであったこともあり、近藤さんを持ち上げるような演出が目立ってしまった。テレビを通じても若手が『マッチに気を遣っている』と感じられるようで、あまりよく思われていないようですね」(芸能ライター)

 さらには、温かいことで知られている元SMAPのファンたちからもよく思われていないという。

 「SMAP解散の傷がいまだ癒えていない中、今年出演した音楽番組で、近藤さんは『後輩たちがすごく上手にできているから俺もちょっとやりたいな』と司会に興味があると話していました。しかし、司会者への道はSMAPが地道に築いてきたもの。近藤さんの発言は“配慮が足らない”と思われてしまったようです」(前出・同)

 他にも、自分のことは棚に置いて、TOKIOの国分太一が結婚をする際、「ファンの人たちを裏切ったらダメ」と発言したことでも反感を買ってしまった様子。

 ファンとしては、今回の報道が本当であることを願っているかもしれない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ