search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「5時間半かからないように」桂文珍、吉本興業の会見を揶揄?

「5時間半かからないように」桂文珍、吉本興業の会見を揶揄?

pic pic

桂文珍

 落語家の桂文珍が9日、都内で行われた『桂文珍 国立劇場20日間独演会』開催発表会見を開催。会見にあたっては、先だって行われた吉本興業社長の会見をネタに、「時間がからないように。5時間半かからないようにしないと」と話して、会場を笑わせた。

 芸歴50周年を記念して、来年2月28日から3月8日、3月15日から24日までの20日間にわたって東京・国立劇場で行われる本独演会。桂文枝、笑福亭鶴瓶などの豪華ゲストも日替わりで出演する。文珍は「1969年から満50年。ひとつの節として会をやろうって。10年前に国立劇場で10日ほどやらせてもらって楽しかったので、今回は20日間貸してくれるところを探したんです」と経緯を説明。「20日間ですので40本やらせてもらおうと、鉄板ネタをずらり揃えました。上方らしい話をドドーンとやらせてもらおうって。おしゃべりのアスリートとして話芸を楽しんでいただきたい」と笑顔を見せる。

 「どれもこれも思い切った大きなネタを出しております。お客様に楽しんでいただくのが一番。20日の間にお世話になっている先輩や仲間も出てくれます。20人のゲストがずらり、日替わりです。日本の皆さんに大いに落語で笑っていただきたい。感謝を込めてやらせていただきたい。1600人のほどの会場ですが、20日間で3万2千人どうにかしないといけない。みなさんにも協力お願いします」と報道陣に呼び掛けていた。
(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ