search
とじる
トップ > 社会 > おばあちゃん専門の痴漢男が御用に

おばあちゃん専門の痴漢男が御用に

 なんとも、にわかに耳を疑うような、わいせつ事件が起きてしまった。

 愛知県警津島署は5月17日、70代の女性に路上で痴漢行為をしたとして、無職・小島洋幸容疑者(46=同県西尾市西幡豆町山副)を県迷惑行為防止条例違反(痴漢)の疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、15日午後2時頃、同県あま市の路上で70代の無職女性に背後から近づき、体を触るなどしたとしている。

 同署によると、被害女性が110番通報し、駆け付けた署員が近くにいた小島容疑者の身柄を確保した。

 小島容疑者は容疑を認め、「高齢女性を狙った痴漢を10件ぐらいやった」と話している。他に被害届も出ており、同署は余罪について裏付け捜査を進める方針。

 調べに対し、小島容疑者は「約10年前に高齢女性が出演するアダルトビデオを見て、熟女に興味を持ち始めた」と話しているという。

 人の好みは様々であり、いわゆる“熟女好き”の男性は少なくない。熟女専門の風俗店も存在するほどだし、“熟女好き”を売りにしたタレントもいる。若い女性にはない包容力や癒しなどを、熟女に求める男性も多いのだろう。
 
 しかし、熟女と称されるのはせいぜい、30代後半から50代くらいまで。最近は60代、70代の女性たちでも。若々しい方々は大勢いるが、はたして熟女と呼んでいいのだろうか。

 高齢女性を専門にターゲットに絞った小島容疑者には、絶句するしかない。狙われた老女たちも、さぞや驚いたことだろう。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ