search
とじる
トップ > トレンド > 「そのラーメンに情(なさけ)の汁を入れてください」新宿花園神社・紅テント公演、唐十郎の「百人町」

「そのラーメンに情(なさけ)の汁を入れてください」新宿花園神社・紅テント公演、唐十郎の「百人町」

 都会の喧騒をよそに緑が青々としている新宿・花園神社。その赤い鳥居のおきつね様の横に建てられた劇作家・唐十郎率いる唐組の紅色テント。もう40年もこの地で同様の舞台公演を繰り広げられてきた唐組。6月12日(土)、13(日)に「そのラーメンに情(なさけ)の汁を入れてください」というセリフが印象的な「百人町」という演目を行う。すでに先月から度々こちらで公演をしてきた「百人町」だが、この場では一旦終了。テント前のほか、チケットぴあ、イープラスなどでチケット販売を扱っているが、もう残席は少ない。「百人町」は公演のたびに盛況だ。

 幻想的かつ日本独特の文化の香りがする花園神社の演劇公演。夏には新宿花園神社境内特設ステージにて2010年7月16日(金)〜25日(日)、今年惜しまれながらこの世を去った作家・井上ひさし作の群像劇「天保十ニ年のシェィクスピア」が椿組によって上演される。こちらはチケットが現在発売中だ。
(椿組HP http://homepage2.nifty.com/tubakigumi/oudeson.html)

 1970年代サブカルチャーの原点として貴重なこの試みを、この先もずっと見守っていきたい。

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ