search
とじる
トップ > スポーツ > 300奪三振も夢じゃない! ダルビッシュのめざましい進化

300奪三振も夢じゃない! ダルビッシュのめざましい進化

 今季好調のレンジャーズ、ダルビッシュ有投手(26)が、6月2日(日本時間3日)のロイヤルズ戦で先発し、7回99球を投げて、3安打3四球6奪三振、無失点の好投。1-0で自軍リードの場面で、勝ち投手の権利をもって降板したが、ロイヤルズが8回に追い付いたため、勝ち投手にはなれなかった。

 今季のダルビッシュはここまで、12試合に登板、81回1/3を投げ、奪三振はア・リーグトップの111。7勝2敗で、防御率は2.77。

 ルーキーイヤーの昨季は29試合に登板、191回1/3を投げ、奪三振は221、16勝9敗で、防御率は3.90だった。

 昨季と比べて、めざましい進化を遂げているのが、奪三振の多さだ。9回を投げたとみなして算出される奪三振率は昨季の10.40から、12.28に飛躍的にアップ。日本での自己ベストといえる11年(日本ハム時代)は、232回を投げて、276三振を奪っているが、奪三振率は10.71で、今季はそのペースをも上回っている。

 ダルビッシュが、このペースで三振を獲り続けると、あと139回を投げれば、夢の300奪三振にも到達する。シーズン220回1/3の投球は、故障さえなければ、十分可能な数字だ。

 奪三振とともに良くなったのは、被安打、与四死球が大きく減っている点。被安打は昨季の1イニング平均0.82から、0.64に減少。与四死球は昨季の1イニング平均0.52から、0.36に減った。

 被安打、与四死球が減少し、出す走者が減ったことで、失点、自責点も激減。昨季と比べると、驚異的に防御率が良くなっている。

 このペースで行けば、松坂大輔(インディアンス傘下3A)が08年にマークした日本人メジャーリーガーのベストである18勝の更新も有力。野茂英雄(元ドジャースなど)が95年に記録した236奪三振も、軽く超えそうな勢いだ。
(落合一郎)

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ