search
とじる
トップ > スポーツ > ダルビッシュが勝ち星で元中日チェンに並ばれる! 風雲急告げるア・リーグ新人王争い

ダルビッシュが勝ち星で元中日チェンに並ばれる! 風雲急告げるア・リーグ新人王争い

 前半戦が終わった時点では、ダルビッシュ有投手(26=レンジャーズ)で間違いなしと思われていた米メジャー、ア・リーグの新人王争いが風雲急を告げてきた。日本の野球ファンにもおなじみである元中日のチェン・ウェイン投手(27=オリオールズ)が、ついに勝ち星でダルビッシュに並んだのだ。

 8月19日(日本時間20日)、デトロイトでのタイガース戦に先発したチェンは、初回に5点を奪われたが、2回から立ち直り、5回まで無失点で切り抜けた。その間に味方打線が奮起し逆転。オリオールズが7-5で勝利し、チェンが12勝目を挙げた。

 チェンは「考えすぎないで、できるだけ失点を少なくと思った。(1回に)球数を投げていたので、一人一人に集中して、どんどん勝負にいった」とコメントした。会心の逆転勝ちに、バック・ショーウォルター監督は「タフな男。(5回まで)投げられると思った」と満足げ。

 前半戦では、常にダルビッシュの後を追いかける格好になっていたチェンだが、後半戦になって、ダルビッシュが不調でもたつく間に白星を積み重ね、ついに追いついた。

 ここまでの両者の成績は、ダルビッシュが23試合登板、147回2/3を投げて、12勝(9敗)=勝率.571、防御率4.51、奪三振172、与四死球90。チェンは25試合登板、151回を投げて、12勝(7敗)=勝率.632、防御率3.87、奪三振122、与四死球51。

 投球回、防御率、勝率とおもな成績はチェンが上回っており、ダルビッシュが上回っているのは奪三振のみ。こうなると、新人王争いは現時点ではチェンが優勢にも思える。

 過去、日本人でMLBの新人王を獲得したのは、95年の野茂英雄投手(ドジャーズ)、00年の佐々木主浩投手(マリナーズ)、01年のイチロー外野手(マリナーズ)と3人だけ。ダルビッシュが獲得すれば、11年ぶり4人目の快挙となるだけに、期待が懸かる。今後も両者のマッチレースが続くことが予想され、2人の登板に注目が集まるところだ。
(落合一郎)

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ