男女で意見対立『家事代行は、あり?なし?』 「逃げ恥」の影響で志願者急増

社会 2018年06月27日 22時20分

男女で意見対立『家事代行は、あり?なし?』 「逃げ恥」の影響で志願者急増新垣結衣

 26日に放送された『セブンルール』(関西テレビ・フジテレビ系)で、家事代行サービスに奮闘する女性が紹介され話題となっている。というのも、あの“国民的ドラマ”を思い出させたからだろう。ネットでは、家事代行サービスを利用することの是非について熱い議論が起きている。

 あのドラマとは、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、2016年)のことだ。新垣結衣が家事代行として働く主人公・森山みくりを演じたことで、家事代行という職業を知った視聴者も少なくないだろう。細かな心情や社会問題なども取り入れた同ドラマは、さまざまな世代の共感を呼び大ヒット。SNSや動画サイトで一大ブームを巻き起こした“恋ダンス”も記憶に新しい。しかし、その影響力はそれだけではなかった。

 同ドラマが最終回を迎える頃に、家事代行サービススタッフへの応募者が急増していたのだ。「18〜24歳の応募者は1.5倍。都内に限っては2.6倍になった」と、同ドラマを監修した家事代行サービス会社のベアーズが発表している。同ドラマの要所に出てくる、みくりの家事スキルの高さに「私もこんな風になりたい」と憧れを抱いた女性が多かったようだ。

 しかし、家事代行サービスの利用については賛否両論あり、特に男女で意見は大きく分かれている。女性は「家事のストレスが減れば家族にも優しくできそう」「お金を払ってでもバランスのとれた食事を家族に食べさせたい」「共働きで頼れる人が近くにいないから助かる」「仕事と子育ての両立で限界だから旦那に相談してみようかな」と賛成派が多数。

 一方、男性からは「家事は家庭内でするもの。他人に任せるな」「女性はイライラしすぎ、不平不満が多い」「家事は愛情表現のひとつじゃないの?」「他人を家にあげるくらいなら汚いままでいい」「子供に手伝わせればいい」など否定的な意見も多く見られた。

 もちろんこれが意見の全てではないが、男女の意見が対立する形となった。家事代行サービスの市場規模は、将来的に6000億円まで拡大すると言われている(平成26年、経済産業省調べ)。市場拡大とともに家庭では家事代行が主流となっていくのか、それとも反対派が市場拡大を阻止するのか。まだまだ議論は続きそうだ。

ピックアップ
復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待

復活を遂げた松坂大輔 未来へのさらなる期待
2018年11月16日 21時30分 [スポーツ]

社会新着記事

老舗洋菓子店の倒産で表面化 厳しいスイーツ業界の未来
2018年11月16日 11時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る