search
とじる
トップ > 芸能ニュース > AKB48・藤江れいな「勉強と縁を切りたい」、八神蓮と映画『縁切り村』舞台あいさつ

AKB48・藤江れいな「勉強と縁を切りたい」、八神蓮と映画『縁切り村』舞台あいさつ

 アイドルグループAKB48の藤江れいなと俳優の八神蓮が16日、2人のダブル主演映画『縁切り村〜デッド・エンド・サバイバル〜』の公開を記念して、東京・板橋区の映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ板橋」で、出演者の岡田真由香、山本早織、石川龍馬、高井美帆、椿光一監督と共に、ステージに登場。舞台あいさつを行った。

 AKB48のじゃんけん大会準優勝で、先日発表された「メガネ選抜」入りもはたし、人気急上昇中の藤江れいな。「縁切り様」という怨霊役を演じた今作の撮影を、「なまりが難しかった」と振り返った。劇中に登場する村の言葉では、父親を「おとう」と呼ぶというが、「普段、お父さんと言っているのですが、お父さん、じゃなくて、おとう、と言えるか不安でした」と語った。しかし、撮影はミスなく終えたという。また、撮影現場で、蚊に足を7か所ほどさされたエピソードを披露した。

 喜怒哀楽の感情が起きると呪われた村で、感情を失くした村人に反発する青年を演じた八神蓮は、今、縁を切りたいものはありますか? の質問を受け、「かっこつけようとすると、オチがついちゃう」という自身の性質を語った。ビリヤードをしてジャンプさせるショットを決めても白玉もいっしょに落としてしまうエピソードを紹介、そういった「かっこよく生きられない運命と縁を切りたい」と告げ、会場を盛り上げた。

 また、同じ質問に、藤江は、「勉強!」と回答。「知ってる方もいらっしゃると思いますが、ほんとうに、苦手なんですよ。勉強が」という。「なので、もし縁を切ることができるのなら、勉強と縁を切りたい、と言いたいところなのですが、それは無理なことなので、高校3年生ということで、(勉強を)がんばりたいと思います」と笑顔を見せた。

 主演の2人は、「『縁切り村』を通して、縁の大切さ、人の大切さを、感じていただけたらと思います」(八神)、「人とのつながりが大切と思える映画。もっと人を大切にしなきゃという気持ちなどを持っていただけたらうれしいです。最後まで楽しんでいってください」と、詰めかけたファンにあいさつをした。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ