search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ローラ、ロスでの生活ぶりを明かす「家庭菜園で植物とコネクト」

ローラ、ロスでの生活ぶりを明かす「家庭菜園で植物とコネクト」

pic pic

ローラ

 「MORINGA CLEANSE」オンライン発表会が24日開催され、女優・モデルのローラがアメリカ・ロサンゼルスの自宅から中継で出演。アンバサダーに就任したきっかけやスタイル維持の秘訣を語った。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 高い栄養価を持ち、スーパーフードとして注目されているモリンガ。ローラは「モリンガが大好きで、家で木を育てている。栄養だけじゃなく、食物繊維もプラスすると聞いて、『最高だ』と思ってワクワクした」と「MORINGA CLEANSE」を絶賛。「抹茶みたいな味で、豆乳やヨーグルトに混ぜてもいい。私は直接飲むのが好きで、食事の前に飲むと安心する」と食生活への取り入れ方を明かした。

 「MORINGA CLEANSE」の原料となるモリンガは、無農薬栽培でエグみ、苦みがないのが特徴。モリンガを栽培するカンボジア・エコヴィレッジからのメッセージに、ローラは「心にすごく響いて泣きたくなった。愛を込めて作られているのがわかった」と感無量の様子。「(コロナが)落ち着いたら、カンボジアのモリンガ畑を訪れて、SNSで気持ちを伝えたい」と話した。

 今回のアンバサダー就任について、株式会社ワンテーブル・島田昌幸代表取締役社長は「東日本大震災の被災した沿岸地域の復興に取り組む中で、ソーシャルアクションへの関心が強まり、(ローラが持つ)美や健康へのこだわりやポジティブでサスティナブルな考え方、行動力や発信力が経営理念とマッチした」と説明。

 美の秘訣を聞かれたローラは、睡眠、運動、食物繊維をたくさん摂った健康的な食事の3点を挙げた。ロサンゼルスでは、朝日とともに日課の瞑想を行うほか、家庭菜園で「植物とコネクト」した生活をしている。現地では夕食時ということもあって、手作りメニューを紹介するコーナーで、大好物という鯖の塩焼きを前に「ご飯が止まらなくなる」と笑顔を見せた。

 最後に、「今の時代、若い人は食物繊維が不足しているから、しっかり補って、体の中から心もきれいになって、日々のライフをエンジョイしていこう!」と呼びかけた。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ