search
とじる
トップ > 芸能ニュース > YOU、ロレアルパリのアンバサダーに「18でサロンを卒業した」美容室に行かなくなったワケを明かす

YOU、ロレアルパリのアンバサダーに「18でサロンを卒業した」美容室に行かなくなったワケを明かす

pic pic

YOU

 YOUが28日、都内で行われた「ロレアル パリ ジャパン ブランドアンバサダー就任発表会」に出席し、美しくいるための秘訣を語った。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 「意気込みは十分でございます」。今回、自身も愛用するロレアルブランドのアンバサダーに就任。同ブランドのスローガン「Because you’re worth it / あなたにはその価値があるから」は今年で50周年を迎えた。「若い子の間でも自分をちゃんと認めることで相手に優しくなれるという考えもあって、そういうことに通じるメッセージだと思います。ずっときれいでいるために、髪も美しくすることで自信を持てるし、それを後輩や子どもたちも見ていると思います」と共感を寄せた。

 ヘアカラーの主なユーザーは大人の女性。女性たちの悩みに自然体のYOUらしさ全開で答えた。若い頃よりも美容やファッションを楽しめないという悩みに「若い頃は時間もありますし、初めて出会うものも多いし印象に残る」と言ってから、「大人は忙しいので単純に印象が薄くなるということもある。忙しいこと自体が幸せだし、成長したと思ってもらえたら。減ってしまったような感じを一瞬受けるかもしれないけど、たくさんの知識を得て分かってきたから衝撃が少なくなっている」と分析した。「たいていの大人が若者よりファッションや美容を楽しむと大変な世界になる」とブラックジョークを織り交ぜつつ、寝る前に日記を書いて振り返ることを勧めていた。

 また、若い頃より魅力が増したと感じている人が3.8%にとどまることについて「水をかけられたときにバンッと弾く力はないですけど、中身を磨いて言葉を知っていたりとか、違うところの魅力と考えるともっといらっしゃると思います」と言葉を選んでフォロー。「ぶっちゃけた話、外見的な美しさや若い方の素晴らしさは、シニアも全部認めてるんですよ。だからこそ『若い女に』って張り合うのは全然間違ってますけど、別のところの魅力を増していかないとクソババアになってしまいますから」と自らの心がけを話した。

 サロンに行かず、セルフカットでカラーも自身で行っているYOU。「18の時にサロンを卒業したんです。サロンの人とお話しするのが面倒くさくて」と本気とも冗談ともつかない理由を挙げ、「申し訳ございません」と言い添えた。ポジティブな性格は「うーん、生まれつきですかね? ネガティブになる時間が好きじゃないのも大きいと思うんです。友達からは『もう少し考えなさい』と言われます」と普段の様子を明かしていた。

(取材・文:石河コウヘイ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ