search
とじる
トップ > 社会 > 67歳女、60代女性に丸刈り強要し歯をペンチで折る 金を奪うなどやりたい放題で恐怖の声広がる

67歳女、60代女性に丸刈り強要し歯をペンチで折る 金を奪うなどやりたい放題で恐怖の声広がる

pic pic

画像はイメージです

 鳥取県米子市で、67歳無職の女が60代の女性に対し暴行する、丸刈りを強要していたなどしていたとして、暴行や傷害、そして強要の疑いで逮捕された。

 警察によると、女は2018年末、当時米子市内に住んでいた当時50代の女性を無理やり美容室に連れて行き、従業員に丸刈りを強要。また今年2月には、同県伯耆町に駐車した車の中で、女性の前歯をペンチで折るという暴挙に出た。

 そして3月には、米子市内のコインランドリーに女性を連れ出し、「コインランドリーで反省しろ」と告げ、寝起きすることを強要した。さらに、女は11月13日と12月3日、女性のキャッシュカードを使い、米子市内などのコンビニや銀行の現金自動預け払い機(ATM)から、計104万円を引き出したとして、窃盗容疑で逮捕されていた。

 女と被害女性は30年以上前から知り合いで、10数年前に再会。理由は不明だが、主従関係になっていた模様だ。警察の取り調べに対し、女は「やっていない。丸刈りの指示や強要はしていない。意味がわからない」と話しているという。

 ​>>35歳男、路線バスで会話する男に激怒し頭突きで逮捕 動機は女性との会話が「うるさい」<<​​​

 容疑を否認しているが、丸刈りになった事実や、歯を折るなどされたことは美容室や治療した歯科医の証言もあると思われる。また、実際に女性のキャッシュカードを奪って金を引き出しており、主従関係にあったことが明らかだ。

 異常な関係と犯罪に、「どうしてこうなってしまうのか。関係性が信じられない」「どういう人生を歩むとこんな人間になるのか」「非常に悪質。しかも反省がない。重罰にしてほしい」「スケバン世代だから、昔の主従関係があったのかもしれないが、それにしてもひどい」「許せないよ」と、怒りの声が上がることになった。

 女性を奴隷のように扱う行動は人権を無視しており、限りなく重い。重罰を望む声が相次いでいる。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ