search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 爆問太田も絶賛、KOC準優勝のニューヨークは『M-1』のダークホースとなる?

爆問太田も絶賛、KOC準優勝のニューヨークは『M-1』のダークホースとなる?

pic pic

ニューヨーク・嶋佐和也、屋敷裕政

 『キングオブコント2020』(TBS系)での注目コンビと言えば、優勝したジャルジャルとともに、準優勝のニューヨークが挙げられるだろう。特に1本目に披露した結婚式の余興ネタは、ダウンタウンの松本人志から「畳み掛けがうまかった」と、その技量を評価された。

 ​>>平成生まれはマスト?ニューヨークはお笑い第7世代じゃない?<<​​​

 さらに、爆笑問題の太田光も、9月29日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、「ニューヨークの1本目最高だったよな」と高く評していた。
 ニューヨークと言えば昨年、『M-1グランプリ』(朝日放送制作・テレビ朝日系)で初の決勝進出を果たした。トップバッターで、彼らが披露したネタ「ラブソング」は、嶋佐和也がベタなJ-POPの歌詞を歌い、それに屋敷裕政が随時ツッコミを入れていく。こうした「歌ネタ」はタイミングを計るのが難しいと言われるため、最下位となってしまった。

 さらに今年に入り、お笑い第7世代のフレーズが注目されると、2010年結成のニューヨークはそこに含まれるかが、ネット上を中心に議論になった。ニューヨーク的にはブームに乗っかりたかったようだが、屋敷のツイッターに、一般ユーザーから「勝手にお笑い第7世代を名乗るな」と苦情が来たことも。どちらかと言えばイジられ系、情けない系のポジションにあるニューヨークだが、『キングオブコント』での活躍と、松本や太田といったベテラン芸人の高い評価を見てもわかる通り、着実に力を付けて来ていると言える。芸歴も11年目を迎え、脂が乗って来ているのは確かだろう。

 そこで、やはり期待されるのが、今年の『M-1グランプリ』での活躍ではないだろうか。ダークホース的な存在として注目されるのは間違いない。彼らは、決定的なブレークを果たしていないだけに、会心の一撃に期待したいところだ。

記事内の引用について
ニューヨーク屋敷のツイッターより https://twitter.com/nyyashiki

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ