search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『半沢直樹』の視聴者を引きつける井川遥の現場での驚きのこだわり

『半沢直樹』の視聴者を引きつける井川遥の現場での驚きのこだわり

pic pic

井川遥

 初回から第7話まで平均世帯視聴率が連続して20%を超えている、俳優・堺雅人主演のTBS系ドラマ「半沢直樹」だが、視聴者の注目を浴びているのが女優の井川遥演じる小料理屋の女将・智美だ。
 今作はベストセラー作家・池井戸潤氏の代表作「半沢直樹」シリーズのうち、「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」を実写化したものだが、智美はドラマオリジナルのキャラクター。

 ​>>『半沢直樹』の放送延期でささやかれる噂 既に撮影はほぼ終わっている?<<​​​

 これまでの放送では、店内で半沢(堺)や渡真利(及川光博)がニューヨーク支店から異動してきた紀本常務(段田安則)の話をしていると、智美のやや不安そうな表情がアップになるなど、意味深な演技が話題に。

 そして、8月30日放送の第7話では、智美が元銀行員で、半沢にとっての大きな敵かもしれない中野渡頭取(北大路欣也)の元部下だったことが明らかになったのだ。
 「もともと、ドラマはキャラの濃い“男祭”で、女性キャストは半沢の妻役の上戸彩ぐらいしかいなかった。さすがに、それだと視聴者が飽きてしまうかもしれないので、ドラマの“息抜き”となるように、ビジュアルも抜群な井川を投入したようだ」(テレビ誌記者)

 もともと、グラビアで活躍し世の男性たちを魅了した井川だが、02年に女優業に転身。すでにキャリアは20年近くになるが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)によると、撮影現場ではかなりのこだわりを見せているという。

 撮影現場では新型コロナの感染予防対策のため、スタッフは全員マスクを、出演者もリハーサルではフェイスシールドを着用して、本番時だけ外して演技しているという。

 ところが、井川1人だけが、フェイスシールドやマスクを着用せず。フェイスシールドを着用するとセットした髪形が乱れ、マスクをして顔に跡がついてしまうのを危惧しているという。そのため、共演者とは距離を保って撮影しているのだとか。現場入りした時点で女将役になりきり、ビジュアルにも気を配っているようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ