search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 遠野なぎこ、自身も「何日も置いていかれた」親からの放置を告白 3歳女児餓死事件に涙「鬼ですよね」

遠野なぎこ、自身も「何日も置いていかれた」親からの放置を告白 3歳女児餓死事件に涙「鬼ですよね」

pic pic

遠野なぎこ

 7月8日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、交際男性のいる鹿児島に出掛け、3歳の女児を8日間放置し餓死させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で24歳の母親が逮捕された事件が取り上げられた。

 これを受け、遠野なぎこは「なんで子供作ったんだろう。なんで産んだんだろうとすごく思います。3歳の子供がどれだけ心細かったことか。鬼ですよね、やってることが」と涙ながらに訴えた。さらに、こうした悲劇を繰り返さないためにも、「現実的ではないですけれど、作る前にこの人は母親になれるかと検査できないかと思いますね」と語った。これには、ネット上では「確かに、ある程度の介入は必要かも」「近所付き合いがないと周りは気づけないよな」といった声が聞かれた。

 ​>>遠野なぎこ「ご自身の名前をすごい連呼」 手越祐也のポジティブの裏にある心理を鋭く分析<<​​​

 事件はアパートで起きたが、周囲の住人は子供がいることも知らなかったという。また、部屋はゴミ屋敷状態であったと言われる。

 3歳の子供がいる元フジテレビの大島由香里アナウンサーも「1分も置いていくのも心配なのに、8日間なんてネグレクトというより殺人じゃないのか」と、涙ながらに痛烈に批判。普段は毒舌コメントで知られる大鶴義丹も「8日間という長さが普通じゃない。何か病的なものを感じる」と言葉少なげに語った。

 さらに、象徴的なコメントを残したのが遠野だ。彼女はいわゆる“毒親”育ちであり、似たような体験があったようだ。遠野は「この子よりも大きくなってきた時に、ずっと何日も置いていかれた。たまたま近所のおばさんが来てくれて、(自分の記憶も)多少あるんですけど、髪の毛もブラシが通らない状態で、炊飯器に残ったカビたご飯を食べていた」壮絶な体験も語るも、親に愛されたいがために「それでも嫌いになれない」体験を語り、そうした話から子供自身が「SOS」を出すのは難しいのではと述べていた。これには、ネット上で「この話は壮絶だな」「愛されたいって切ない言葉だわ」といった声が聞かれた。

 あまりにもひどい事件に出演者一同、怒りを隠せない様子だった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ