search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「子供が出来たなら責任を取らなきゃダメ」遠野なぎこ、小倉優子離婚危機騒動で子供に同情

「子供が出来たなら責任を取らなきゃダメ」遠野なぎこ、小倉優子離婚危機騒動で子供に同情

pic pic

遠野なぎこ

 3月11日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、小倉優子が再婚相手の歯科医の夫と別居状態にある離婚危機を報じた『サンケイスポーツ』(産経新聞社)の記事が取り上げられた。記事によれば、昨年秋ごろに夫が小倉に「芸能界を辞めて専業主婦になって欲しい」と望んだが、小倉が拒否したため、夫は家を出ていったという。この時点で、小倉は第三子妊娠を公表したばかりだった。小倉は「やり直したい」と涙を流し、離婚回避を願う日々だと伝えられている。

 これを受け、遠野なぎこは「この記事の細かい部分が全部合っているかどうかはわからない」と留保をつけながら、「お子さんが短い間に、新しいお父さんがやって来て、またいなくなって、お父さん違いの兄弟ができるのは、すごく混乱するんじゃないか。ちょっとかわいそう」とコメントした。これには、ネット上では「遠野って毒親育ちだから、このあたり敏感な話題だよな」「確かに慌ただしさはあるかも」といった声が聞かれた。

 さらに遠野は、別居中の小倉の夫が、弁護士を立て、小倉の連れ子との養子縁組の解消を要求しているとも伝えられていることに対し、「それが事実であれば、ちょっと旦那さんは人として違うんじゃないか」とバッサリだった。MCの垣花正が「お腹にいるお子さんは自分の子供ながら、その子供とも会いたくない」と確認すると、遠野は強く頷き、「ゆうこりんさんがちょっと噂で束縛が強いとか、しっかりやりたいタイプで男性の息が詰まるとかあっても、子供が出来たならすることしていたわけだから、その責任は取らなきゃダメでしょ」と非難した。これには、ネット上では「遠野、ここは真面目だな」「ゆうこりんがそういう人だとわかって結婚してる部分もあるわけだからな」といった声が聞かれた。

 小倉が芸能活動を続けるか否かは、結婚前に話し合っていなかったのかとスタジオの議論はヒートアップし、遠野はここでも「話し合っても早いスピードで(気持ちが)変わってしまうこともある」と語っていた。今後の展開次第では、新たな泥沼離婚騒動ともなりそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ