search
とじる
トップ > スポーツ > ノア7.18後楽園ホール大会は有観客試合に!中嶋勝彦がトーナメント開催を提唱

ノア7.18後楽園ホール大会は有観客試合に!中嶋勝彦がトーナメント開催を提唱

pic pic

中嶋勝彦

 プロレスリング・ノアは14日、TVマッチ『NOAH “GO FORWARD”Day1』をノア特設アリーナからABEMAで中継した。

 ノアはこの日、“重大発表”をすると予告していたが、中継の最後にゲストの山田邦子さんから7月18日に東京・後楽園ホールで開催する『STAY TOGETHER FOREVER!』を有観客試合として行うことが明らかにされたのだ。

 ノアは3月から無観客試合によるTVマッチに切り替えており、約4か月ぶりにファンの前で試合が行われることになる。動員規模などは後日発表される。

 この日はTVマッチ史上最大のビッグマッチとして行われ、タイトルマッチ3試合を含む全8試合がラインナップ。実に4時間を超える大会となった。井上雅央を相手にGHCナショナル王座の防衛に成功した中嶋勝彦は、ヘビー級、ジュニアヘビー級を問わず無差別級の「ナショナルトーナメント」の開催を提唱しており、今後の展開が気になるところ。

 ノアでは、21日にもTVマッチ『NOAH “GO FORWARD”Day2』がABEMAで中継されることが決まっているだけに、この大会の結果を受けて、後楽園大会の概要が決まっていくのではないだろうか。
 ABEMAでの中継により、若きエース清宮海斗の知名度が上がるなど、ステイホーム期間中も団体として闘いを継続してきたことがプラスに作用しているだけに、有観客試合が盛り上がるのは必至だ。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ