search
とじる
トップ > スポーツ > 元サッカー日本代表・川口&那須「これが最後ではない」インターハイ中止で落ち込む高校生にエール

元サッカー日本代表・川口&那須「これが最後ではない」インターハイ中止で落ち込む高校生にエール

pic pic

川口能活

 元サッカー選手の川口能活と那須大亮が、27日にリモート形式で開催された『明日へのエールプロジェクト』に出席。高校生に言葉をかけた。

 新型コロナウイルスの影響により、インターハイが中止に。失意のどん底に落ちる高校生たちに向けて川口と那須が「オンラインエール授業」を開催。東京都、新潟県、山口県、沖縄県のサッカー部約80名が授業を受けた。

 ​>>元サッカー日本代表・川口&那須「これが最後ではない」インターハイ中止で落ち込む高校生にエール<<​​​

 授業終了後、マスコミ向け囲み取材に出席した川口は「高校生の皆さんに強いメッセージを伝えられたかどうかは分からないんですけど、彼らの想いを聞いて、苦しい状況から立ち直って、新しい目標を立てて、また新しい第一歩を踏み出してほしい気持ちが強くなりました」と回顧。那須も、生の声を聞いたことで、つらい気持ちを共有しつつも、「僕や川口さんが言ったことはすべてではないので、思考する中でのヒントになればいいなと思いました」と振り返った。

 インターハイが中止となったことで、大きな目標がなくなった中、モチベーションの保ち方について質問が飛ぶと、那須は現在の状況や高校生の気持ちに配慮しながらも、「これが最後ではない」と一言。「この先に目標があるのであれば、そちらに目を向けてほしいし、立ち止まってはいけないので、自分の感情を力に変えて進んでほしい」とコメントした。彼の考えに川口も同調。「インターハイがすべてではないし、ゴールでもないと思うんですよね。高校を卒業した後も人生が続くので」と先を見据えた行動をしてほしいと胸中を吐露した。続けて、気持ちを切り替えて、急に進めと伝えているわけではなく、「半歩でもいいので、新しい道を踏み出す勇気をもってほしい」とエールを送った。

 取材には、授業に参加した那覇高等学校の玉城陽向くん、崎原誠顕くん、顧問の天願匠先生も出席。授業について、崎原くんは「僕もキャプテンをやっていてるのですが、川口さんがおっしゃっていたキャプテンとしてチームをまとめる難しさなど、自分もでわかることが多々ありました」と満足気。玉城くんも「那須さんが、できることが少ない中、どのように行動すればいいか、(ヒントをもらったので)これからのサッカー生活に役立てたいと思いました」と充実した授業内容を振り返っていた。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ