search
とじる
トップ > 芸能ニュース > りんごちゃん、早くも賞味期限切れ? 新ネタ披露も不評が集まったワケ

りんごちゃん、早くも賞味期限切れ? 新ネタ披露も不評が集まったワケ

pic pic

りんごちゃん

 10月15日放送の『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)に、りんごちゃんが出演した。この日の放送では、マッサージ機を試すと、ものまねができるネタを披露。武田鉄矢、吉幾三、大友康平、福山雅治、マツコ・デラックスといった恒例のネタを披露した。

 これに対し、ネット上では「すごい似ている」「ワロタ」といった声がある一方で、「福山雅治、武田鉄矢と一緒じゃん」「これはしんどい」「低い声のギャップ強調って全部同じパターン」「そろそろ賞味期限切れか」といった否定的な声が目立った。さらに、歌だけでなく、セリフものもまねも登場したが、「本当に似ていない」と弱点を指摘する声が聞かれた。

 それでも、新たにものまねのゴリ押しラインナップが加わったとも言えそうだ。今後は『しゃべくり007』『ウチのガヤがすみません!』(いずれも同系)といった番組でも同じネタが披露されて行きそうだ。

 りんごちゃんのものまねは、あくまで雰囲気重視のものであり、伊集院光は「頑張れば何か似るやつ」とも鋭い指摘を行っている。セリフものまねも、マニアックな視点が生かされているわけでもなく、何となくりんごちゃんがやりそうなモノマネとも言えるだろう。

 ただ、りんごちゃんのものまねに関しては「似てない」「面白くない」といったイジりはなく、ひたすら似ている感をゴリ押しする演出を取る番組が多い。当初は日テレ専属芸人のように活躍していたが、最近では『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)など他局への出演も解禁している。

 そこでも日テレ同様の扱われ方であり、さすがにこの流ればかりでは視聴者も飽きが来ているとも言えそうだ。さらに、通常の若手芸人のようなハードなイジりもできないため、「腫れ物感」のある存在になりつつあるのは確かだろう。

 最近は新人タレントの賞味期限、消費スピードが一段と早まっていると言えるが、りんごちゃんもいつまで鮮度を保てるかは気になるところであろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ