search
とじる
トップ > スポーツ > WBC世界フライ級タイトルマッチまであと4日 内藤 興毅の“罠”にはまる

WBC世界フライ級タイトルマッチまであと4日 内藤 興毅の“罠”にはまる

 WBC世界フライ級タイトルマッチ(29日、さいたまスーパーアリーナ)で激突する王者内藤大助(宮田)と同3位の亀田興毅(亀田)が24日、都内で予備検診に臨み、ともに異常なし。両陣営の配慮で鉄のカーテンに覆われ、接触は一切なかった。世紀の一戦に向け静かに闘志を燃やす両者だが、実はこれは興毅の“儀式”であったことが判明。したたかに勝利の方程式を完成させた。

 これまで丁々発止の舌戦を繰り広げてきた両者。公開練習では一際手の内を明かさず、駆け引きを繰り広げてきた。
 タイトルマッチが近づくにつれ緊張感が高まる中、両陣営合意のもと、混乱を避けるため、時間をずらして予備検診が行われた。検診終了後はTBS関係者が完全ガード。会見も別々に行われ、終了するまで両選手がバッティングすることはなかった。

 6度目の防衛戦となる内藤は「プレッシャーはあるよ。けど、(それに)負けるようじゃダメ。お客さんの期待に応えないとね」と自信に満ちた表情で語った。
 一方、2階級制覇を狙う興毅は「順調ですね。リングで強い方が勝つ。あとは結果を出すだけ」と言い切った。
 調印式まで対面せず一時“休戦”状態となったが、実は亀田にとってみればこれも作戦のウチだという。
 JBC関係者が言う。「別々にやることは1週間くらい前に決定しました。興行主が宮田プロモーションさんの方なので、そちらから連絡がありました。異例と言えば異例かもしれませんが、亀田側の意図かもしれませんね。ランダエタ戦、デンカオセーン戦もそうでしたから」
 思い起こせば、大毅の世界戦の予備検診も大毅は東京、デンカオセーンは大阪で別々に行ったことが記憶に新しい。それ以前の世界戦も同じように検診での接触を避けてきた。こと興毅に関しては未だに負け知らず。いわば「亀田流のルーティンワーク」といったところ。
 世紀の一戦まであと5日。すでに内藤は亀田の術中にはまっているのかもしれない。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ