search
とじる
トップ > トレンド > 第50回「スーパーフェスティバル」 ウルトラマン同窓会にファン集結

第50回「スーパーフェスティバル」 ウルトラマン同窓会にファン集結

 50回目を迎えた「スーパーフェスティバル」が9月27日に開催された。このイベントは、株式会社アート・ストームが主催。古今東西の玩具が一堂に会する玩具の展示・即売イベントだ。92年にスタートし、現在は東京・科学技術館で年に3回開催されている。

 人気メーカー、ショップ、個人ディーラーなどが多数参加し、扱われるアイテムもキャラクターソフビをはじめ、食玩、合金、ブリキ、プラモデル、ガレージキット、ドール、美少女フィギュア、Tシャツなどさまざま。またシーズンごとの映画・アニメ作品のプロモーションコーナーや国内外からのゲストを招き、サイン会やトークショーも開催。イベント参加者数も開催ごとに約4500人前後を動員し、10代から40、50代のホビーマニアをはじめ、若者や家族連れのファンまで幅広い層の入場者がいる。

 この日は「ウルトラマンの祭り」と題し、スペシャルゲストに「ウルトラマン」のハヤタ隊員(ウルトラマン)役の黒部進さん、フジアキコ隊員役の桜井浩子さん、「ウルトラマン」のスーツアクターを演じた古谷敏さん、「帰ってきたウルトラマン」で坂田アキ役を務めた榊原るみさんのトークライブとサイン会が行われた。
 毎回ディーラーが出す限定商品に開場の何時間も前からマニアが行列を作っている。今回の限定品の一つは「楳図かずお版」ウルトラマンシリーズのバルタン星人羽根Ver.片腕破損状態ソフビだった。
 次回「スーパーフェスティバル51」の開催は、2010年1月10日科学技術館で行われる。(http://artstorm.co.jp/)

◎珍品発見
 スーパーフェスティバルの裏の楽しみとして、海外からの逆輸入製品やちょっと変わった商品との出会いがある。
「えー」っていう物を遊び心で紹介する粋なディーラーがギリギリのラインで楽しんでいるのが面白い。今回のそんな一品はこれでしょう。
 以前に同じような機関車が合体変形するもの見かけたが、今回は単体でロボットになっていた中国製のロボット。なにやら怪しいキャラクターだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ